「ブログ」カテゴリーアーカイブ

横浜公園

昨日の日曜日は、横浜公園にお散歩に行ってきましたニコ
横浜公園って『どこぞや!?』と都内の方は思われるかもしれないので、ご紹介を……。
横浜公園はDNAベイスターズの本拠地の横浜スタジアムがある公園です野球ボール
関内駅南口改札から徒歩1分で、クリニックからは歩いて11分ですランニング
DNAベイスターズの試合がある日は、入場待ちの人が列をなしているのですが、
昨日は高校野球の試合だったようで、行列はできていませんでした横浜ベイスターズ ホーム

横浜公園は、日本の洋式公園としては山手公園の次に古い公園です。

開港当時、在留外国人の生活環境改善を求めた条約に基づき、

遊郭や沼地の跡地に整備され、1876年に開園されました。

一般にも公開され、外国人(彼)と日本人(我)の双方が利用できたことから、

当時は『彼我(ひが)公園』と言われていました。

1909年に『横浜公園』と改称された頃に、日本庭園が作られ、接収により一度は取り壊されましたが、1978年の横浜スタジアム建設と同時期に再び整備されました。

 

桜が終わり、今度は芍薬が綺麗に咲いていました芍薬
{25113994-8E74-4444-BD41-267E4C56999F}
{4FFE540F-4778-43D9-B773-267F74F3B93B}

 

カメは池をスイスイ泳いだり、岩の上で日向ぼっこをしていましたカメ

{A97D560E-C69A-4C6D-BDF3-020D07C642DD}

 

この庭園門は、横浜公園の日本庭園にふさわしい名称として、

平成29年の『第33回全国都市緑化よこはまフェア』を記念し、

彼我の有効と平和が深まるようにと『彼我庭園』に改めて銘板を付したものです。

屋根には横浜発祥のフランス瓦である『ジェラール瓦』の複製を用い、

足元には『煉瓦』を配置しています。

『彼我庭園』の字は大河ドラマ『平清盛 』のタイトル題字でも知られ、5歳まで横浜で育った
金澤翔子さんによるものです書道
{D95D8DDC-3D37-41D5-820C-5CD717A9382C}
そういえば、当院の第1診察室にも金澤翔子さんの書がございまして、
『個展に行こうと思っていたんですが、こちらで見れて良かったですニコハート
とおっしゃる患者さんもいらっしゃいました音符
{2D0699B6-B218-46AF-9ECC-A6EDC3F93BFC}
こちらは、1959年の横浜支庁舎周辺の写真ですが、
この頃は横浜公園もメインは野球場で、今ほど整備されていなかった様子がうかがえます。

関内にも高いビルがまだできていませんね~ぶー

{301CA6BB-16C5-4364-919B-A683310F9B8C}
1977年、横浜公園 平和野球場の頃……
プロ・アマ、大人・子供を問わない野球の親善交流試合が数多く行われたそうです。
{C324461C-7991-4F9E-8302-96443C615451}
1968年の頃の馬車道周辺。
野村証券はこの頃から角にあったんですねねー
今はなくなってしまった山一証券があるのが、時代を感じさせますにやり
{13853974-EB2B-4556-A4D8-7FE61ACF9FFB}
1972年の開港記念会館。開港記念会館自体は変わっていませんが、
路面電車がハッ
そういえば、市電保存館っていう施設がありまね電車
市電って深く考えたことなかったんですが、路面電車だったんだ……おーっ!ハッ
{CCE7439E-1D5D-410A-9889-ABBCC9C5E21D}
1904年から『ちんちん電車』の愛称で、横浜市民の足となっていた市電も
1972年に廃止されました。今は磯子区滝頭の市電保存館に展示されているそうですよキラキラ
{6126214F-D2A9-4F0C-AE0D-DDC93FF05DB7}
横浜公園から、横浜の近代史を振り返ってしまいました。
横浜は開港と共に発展し、歴史があってお散歩してるだけでも面白かったです音符
皆さまもクリニックの行き帰りに、横浜の歴史を感じてみて下さいねねー
篠田でしたおすましペガサス
12345next10next>|