スプレー状化粧水

LOVE ソニプラハート

(プラザよりも、こちらの名前がしっくりくる年代ですニヤリ)

プチプラコスメがそろっていて、

ちょっとした空き時間に、色々試していると

あっという間に時間が過ぎてしまいますwristwatch*

 

先日ソニプラの店頭でドドーンとお勧めされていた

『ラロッシュポゼ』

image

お買い得なのもあり、

スプレー状化粧水が好きなので、思わず買ってしまいました。

 

大好きだったアベンヌは最近、ラロッシュポゼに押され気味ですね。

 

アベンヌに出会ったのも、形成外科学会の企業ブースでした。

アベンヌは南仏のアベンヌ村の温泉水です。

それまでは、『お化粧の上から保湿できるスプレーでしょ?』くらいにしか

認識していませんでしたが、

フランスでは温泉治療が医療保険でできるので、

アトピーややけどの患者さんが湯治にいらっしゃるそうです。

 

その話を聞いてから、私のアベンヌ信仰が始まり、

『アトピーにもいいならきっといいはず!』と

肌が揺らいでしまったときはアベンヌスプレーをして

ティッシュパックをする・・・を30代前半はしていたように思います。

 

アベンヌウォーターに多く含まれるケイ酸塩は、

皮ふの上に薄い膜を作り、

敏感な肌をやさしく落ち着かせるそうです。

また、カルシウム:マグネシウムが2:1とベストな割合で含まれ、

敏感肌に優しい処方になっているそうです。

間違ってなかったウインク!!

 

一方……

ラロッシュポゼもロレアル社のバックアップの元、

数年前より勢力を伸ばしてきました。

皮膚科学会ブースも出していて、皮膚科の先生も

ラロッシュポゼの日焼け止めをお勧めしていたりします。

 

こちらもフランスの湧き水だそうで、

セレンを多く含みます。

セレンは肌を和らげ肌を落ち着かせる整肌作用があり、

同じように、皮膚病の方の治療に使用されているそうです。

 

使用感としては、ラロッシュポゼの方が

ミストが細かいように感じました。

 

最近、洗顔後はヒルドイドのスプレーや

ヒルドイドの泡状のフォームを使用していたのですが、

今回のラロッシュポゼのスプレーも含め

どれも肌に触らないものを選択していた私でした~ほっこり

アンチ肝斑グー(肝斑は触ると悪化しますからね)

 

ちなみに、ヒルドイドのスプレーや泡状フォームは

保険で処方しますので、気になる方はおっしゃてくださいませ~乙女のトキメキ

 

3割負担ですと処方箋で薬局でのお支払いは1本900円程度です。

(別途クリニックで保険初診料1050円かかります)

 

以上、篠田でしたおすましペガサス

 

 

 

 

 

 

 

BLOG