「ベビーコラーゲン」カテゴリーアーカイブ

ベビーコラーゲン

昨日、ベビーコラーゲンの輸入代行会社より、院長に感謝状を頂きましたハート

image

全国で30のクリニックにしか配られていないそうですイヒ光栄ですね音符

それだけ、沢山の方々が信頼して下さり、注射させて下さっているという事キラキラ

有難うございますほっこり

 

振り返ってみると、ベビーコラーゲンについて詳しく書いた事がなかったようなので、

今日はベビーコラーゲンについて書いてみたいと思います鉛筆

 

体内には約30種類のコラーゲンがありますが、その中で肌を構成しているコラーゲンはⅠ型とⅢ型です。

Ⅰ型は肌のハリ、弾力性を持たせるコラーゲンであり、一般的にサプリメント等で補充するコラーゲンはⅠ型です。

そして肌の再生、修復を促すコラーゲンが、Ⅲ型です。

 

Ⅲ型は赤ちゃんの肌に大量に含まれているため、ベビーコラーゲンとも呼ばれています赤ちゃん

しかし、このⅢ型は25歳はを境に減少していきます下

そのため肌のハリや弾力が失われ、シワやたるみが生じてきますぐすん

image

当院で採用しているアメリカ製のベビーコラーゲン『ヒューマラジェン』は、
Ⅰ型コラーゲンとⅢ型コラーゲンの配合率が1:1で、以前のコラーゲンに比べて
Ⅲ型コラーゲンが多く配合されています。(以前のものはⅢ型が5%程度でした)

肌へのなじみがいいので、目の下の小じわや、ちりめんじわ、口周りの細かいシワ、

首のシワなど、ヒアルロン酸で修正しようとするとボコボコや色味が気になりやすい部分に

主に用いています注射>_<

持ちは半年~1年程度と言われていますが、続けるとより長持ちするそうです音符

 

ヒアルロン酸がこれほど発達する前は、牛や豚のコラーゲンが注入剤として用いられてきたのですが、稀にアレルギーを起こすことがあるので、事前にアレルギーテストが必要でした。

しかし、今回のベビーコラーゲンは、ヒトコラーゲンなので、アレルギーテストは不要ですOK

ただし、血液製剤の一種なので、プラセンタと同様に献血ができなくなりますにやり

ご了承下さいぶー

 

さて、新しいクリニックの内装が徐々にできてきています。白い壁紙が貼られていましたウシシ

{7B77CA24-F4BD-400B-A3DE-BFC4530C0F72}

 

こちらは処置室イヒ天井の壁紙を部屋ごとにアレンジし、遊び心のある造りになっていますゲラゲラ

10部屋以上もあるので、院長が遅くまで残って、

『あ~でもないもやもやこ~でもないえー?』と日々悩んで決めた天井……むらさき音符

{F3D88271-D8A5-496D-8292-2ADBBC871957}

『院長、結構チャレンジしたわねおーっ!』と思われる壁紙もあるので、処置のたびに

『あらニコ今日はこんなお部屋なのねハート』と楽しんで下さいませキラキラ

篠田でしたおすましペガサス

 

ベビーコラーゲン ¥80000/1cc