山下公園のイチョウ並木

おはようございますニコ
今朝の山下公園沿いのイチョウ並木イチョウ
綺麗な黄色に色付き、青空とのコントラストが素敵でしたキラキラ
この澄んだ青空、関東の冬の醍醐味ですよねラブラブ
私は研修医時代を新潟で過ごしたのですが、あちらは湿度は高くてお肌にはいいのですが、どんより・・・曇り
関東に戻ってきて、冬の空を見て嬉しかったのを覚えていますルンルン

{72C736FB-EE4F-467D-BEB1-F047DE6DD4FF}

さて、日本にはイチョウ並木が多いのは何故でしょうか??
時代はさかのぼり、江戸時代、人口が密集していた江戸では火事が多かったのです炎当時の家屋はすべて木造だったので、いったん出火したら、たちまち火が広がってしまいましたハッ
なかでも1657年に発生した明暦の大火は、2日燃え続けて江戸の街の6割を焼失し、およそ10万人もの死者を出す大惨事になりましたもやもやそのため、幕府も本格的な防火対策に乗り出したのですうーん
それが、広い道路とイチョウ並木でしたキラキライチョウは燃えにくい木なので、火事が起きても延焼が起きにくかったんですねガーン
また、車社会になり排ガスが多い場所でも生育できるイチョウはより重宝されるようになっていったのですリムジン後ろリムジン真ん中リムジン前
イチョウは緑、黄色と季節ごとに葉の色を変え、私たちの目を楽しませてくれますが、防火対策、環境対策にも一役買っていたんですねイチョウ
イチョウの実の銀杏も落ちているとくさいですが、食べるのは大好きですウインクけれども、ご自身で落ちているイチョウの実を拾って、銀杏を取り出す作業を素手でやって、手と顔が真っ赤にかぶれている方を今年診察しましたえーん
来年拾われる方は、気をつけて下さいねアセアセ
では、よい土曜日をお過ごしくださいルンルン
篠田でしたおすましペガサス

 

BLOG