美容格差時代

今日は晴れてはいましたが、風が冷たかったですねうずまき
横浜公園は紅葉が色づいてました紅葉
{47D9F2AF-0404-476D-8044-B3FB28B20E1C}

昨日は小雨の中、チューリップの球根を植えている方々をお見かけしましたびっくり

春に向けての用意を、こんな寒い時期から行うんですね〜〜チューリップ
頭が下がります照れ
さて、本屋さんでこんな本を発見したので、思わず買ってしまいましたキョロキョロ
image
『美容格差時代』美容医療の光と影
さてさてどんな内容かといいますと……。

鉛筆大手クリニックは広告宣伝費が沢山かかるので、売り上げノルマがあり、カウンセラーさんに色々勧められる。本来の目的と違う施術を勧められてしまったり、予算オーバーになってしまうこともショボーン

また、医師も日によって変わってしまい、クレーム処理は別の部署に回されるガーン

>>よくそういうお話しを患者さんから聞きます。

鉛筆大手チェーン、個人経営クリニック、熟練医グループクリニックなど色々なタイプのクリニックがあるが、大手やついでクリニック(内科のついでに美容皮膚科もというクリニック)が危険ドクロ
>>確かに、ついでクリニックで違う診断をされて、なかなかシミが治らなかったんです・・・という患者さんもいらっしゃいますキラキラ
鉛筆カウンセリングが重要なので、言葉のニュアンスのわかりにくい韓国では受けてはいけない。韓国は美容大国だが、腕がいいわけではないので、安物買いの銭失いになりかねないコインたち
などなど、なるほどと思うところもあり、ハテナと思うところもありえー
けれどもまとめると、形成外科出身で、無理に治療を勧めずに、アフターフォローをしてくれるクリニックであれば、大丈夫なのではないか??と思いましたおねがい
ひとまず、個人クリニックは信頼性が高いとなっていたので、ホッとした篠田でした~おすましペガサスハート

 

BLOG