苦手な事は専門家に任せる

昨夜読んでいて、面白かった記事をご紹介しますキラキラ

 

『苦手な事は専門家に任せ、必要以上に自分の脳みそを消耗させない』

https://cakes.mu/posts/19572

こちらは、有名ブロガーのはあちゅうさんがが書かれた記事ですが、

私もはあちゅうさんと同じ考えですウシシ

 

専門外の事は『お任せで』と、美容師さんや税理士さんに丸投げしています。

保険も税理士さんのご指示通り入っていますグー

もしかしたら、いいカモかもしれませんが、信じてますキラキラ

 

特に、数字はとっても苦手で、『これがこうなって、こうなると何%だから・・・』という説明は

聞いていても、頭の中を素通りしていますにやり

形成外科に進んだのも、『見た目で治ったのが、すぐわかる!!』とういう

クリアカットなところに惹かれたのもあると思いますOK

内科ではそうはいきませんからね……ガーン

 

また、毎回小さな事を判断するのも、脳にとってはストレスになるようですぼけーため息

最近読んだ順天堂大学医学部教授の小林幸弘先生の本にも

『小さなことはすぐ決める。ささいな事で悩んではいけない』と書いてありました本

{CEEA26D3-3D47-46B1-A6D6-89C69C020113}

 

例えば、『傘を持っていくかどうか』『どんな服を着ていくか』『パンにするかライスにするか』『メールにすぐ返信するかどうか』など、一日のうち何度も迷ってしまう人は、ささいな事で悩まない状況を作っておくことが大切です。なぜならば、小さな迷いで頭がいっぱいになっていれば、大きな問題の解決に集中して取り組むことができないからです。

そこで、小さな迷いが生まれたら『すぐに決める』ことを習慣にしましょう。また、決断をすることを繰り返して学びを得た後は、『次からはこうする』と決めてしまうと簡単です。先の例でいうなら、『降水確率が30%なら折り畳み傘を持っていく』『午前中はメールしない』などと決めてしまうと、とてもスッキリした気持ちになるでしょう。

貴重なエネルギーと時間を、ささいな事で無駄にしないように生活して下さい

 

日常生活における、私のささいな悩みは・・・・・

『今、洗濯機を回すかどうか?』>もっとたまってからの方がいいかなえー???
『夕飯に何を作るか?』>冷蔵庫に何があったっけえー???
『何を着ていくか?』『何を着せていくか?』>時折トンチンカンな服で出勤していますぼけー
『ベビーカーを押して行くか?自転車で行くか?
>自転車は速いけど、子供達が寝てしまうと大変ガーン
『電車か?車か?
>どちらでも子供達が静かにしててくれるわけはないので、悩んで結局どこも行かなかったり・・・・・・もやもや

などなど、書き出してみたら仕事以外のことばかりでしたショック

 

今だって、保育の専門家である『保育士さん』に任せているから仕事ができますグー

友人の共働きの女医さんは夕飯のメニューを、シチュー、カレー、豚汁と決めていて、それ曜日ごとに替え、なんとか子育てと仕事を両立しているようですねー

私もそのように、夕飯メニューをシステム化したいものですアセアセ

 

さて、話がとっ散らかってしまいましたが、『専門家に任せる』という話上差し

 

私たちは人を美しくする専門家ですキラキラキラキラ

化粧品カウンターのお姉さんより、エステのお姉さんより、保険診療をメインにしている皮膚科の先生より、知識はあると自負していますグー

 

また、今はネットで色々調べられるので、

『こうかもしれない!!』『私って肝斑なんじゃない!?』と自己判断して、

結局よくわからなくなってしまう方も多いようで・・・もやもや

『この施術があってると思うので、したいです!』という患者さんもいらっしゃいますが、

『それでは効果がわかりにくいと思います』『それよりこっちを治した方が綺麗になりますよ』

など、実際お顔を拝見させて頂くと違う施術になる事も多いですぶー

 

お一人でお悩みの場合は、一度私たちに任せてもらえないでしょうか??

ご予算や通院頻度などご要望をお聞きして、色々提案させて頂きますおいで

篠田でしたおすましペガサス

BLOG