部分痩せするには? PART2 ゼルティック

3連休初日、青空が広がってますね

紅葉狩りに最適な週末になるそうです

そんな連休とは、全く関係ありませんが、今日は「部分痩せするには?PART 2」

去年10月に当院に導入されたゼルテイックについてご紹介します

世界的には75か国の医療機関で導入されており、アメリカやアジアでも大人気の治療です。

すでにアメリカでは、脂肪吸引よりも、ゼルティックをする方の方が多いそうです

 

 

アメリカの厚労省にあたる機関FDA(厳しい!)にも認められている機械なので、信頼度はトップ

ちゃんと脂肪が減るので、お勧めする私たちも安心の機械です

 

脂肪を減らすには、色々な方法があるのですが(あたためてみたり、震わせてみたり、直接取っちゃったり)、ゼルティックは

『脂肪は4度以下で死ぬ』という性質を利用したものです

 

皮膚や筋肉など他の細胞は傷つけず、脂肪だけにダメージを与え、死んでしまった脂肪だけが1~4か月くらいで片付けられサイズダウンします

 

このゼルティックはかの有名なハーバード大学附属病院であるマサチューセッツ総合病院で開発されてのですが、

その開発経緯がビックリで・・・

『アイスキャンディーを食べ続けた子供の頬にエクボができた』ということから、冷却すると脂肪は落ちるということを発見したそうです

 

そんなことを聞くと、『氷食べてたら下膨れの顔もスリムダウンするの?』『気になるとこに、保冷剤当てとけば痩せるの?』とバカな私は妄想してしまいますが、まだやってはいません

 

さて、話しは戻りますが、こちらのゼルティック、一度体験されると『こんなに簡単に減るの』と効果に感動し、色々な場所に施術されている方もいらっしゃいます。また、他院で効果があったので、他の部位をやりたくて、安い当院に来て下さる方も。

 

施術は吸引カップで吸引した部分の脂肪を冷却するので、そもそも吸引できないと施術はできません

ですので、吸引できるかどうか事前にチェックさせて頂いてます

手術痕がある場合も、そこを避けさせて頂いてます。

 

ぽにょっとつまめる下腹部やタプタプ揺れる二の腕、内ももの膨らみが人気です。

平らな所を無理やり吸引して冷却してしまうと、その部分が凹んでしまうので、ぽにょっとはみ出ているお肉が最適です

 

1か所を45分間吸引冷却します。痛いのは冷やし始めの10分間と、治療後体温が戻ってくる時で、その他は冷えて感覚が麻痺してしまうので痛みはなく、寝てしまう方も多いです

 

 

 

 

治療後は吸引による赤みが残ることがありますが、1週間程度で落ち着きます。入浴・運動も当日から可能です

1ヶ月くらい皮膚の感覚が少し鈍くなりますが、自然に戻ります

 

吸引カップで吸引した脂肪の20%が2~4ヶ月かけ、徐々に減っていきます。1か月後くらいから、見た目の変化を感じる方が多いですね

なお、吸引してなくなった脂肪は重さにすると微々たるものなので、体重は減りませんよ全体を減らしたい方は、BBXなどを内服して下さいね

 

以上、篠田でした

 

ゼルティック 1カップ ¥60000

ゼルティック 2カップ ¥98000

吸引チェック   ¥1000

BLOG