馬車道案内

台風一過台風
きれいな青空になりましたね晴天
昼になり、日差しが強くなりましたが、
おじい様、おばあ様のところにお伺いするには
いい日和になってよかったです照れ
さて、今日はお天気がいいので、
クリニックのある『馬車道』のご案内をしてみます鹿毛
馬車道ってどうして馬車道なんでしょう!?
それは、幕末に横浜が開港されたころにさかのぼります。
開港に伴い、関内は外国人の居留地となりました。
その外国人の方々のために、関内の1キロ弱の道が整備され、
馬車が通るようになったので、
「馬車道」と呼ばれるようになったのですキラキラ
街中には馬のモニュメントがチラホラごさいます~駈歩
{FA344DCF-5B9E-41A3-B5F0-0C5EB3DFC6A7}
馬車道駅のジョナサンの前
image
道沿いにはこんなポールが・・・
{1CC9EB3A-5A34-4AD8-B2CD-807539628F49}
煉瓦敷きの歩道には、馬車だけでなく、
馬車道発祥のガス灯も描かれていますランプ
{A74834C1-C70C-4555-ABDB-C1FC033D5C5E}
狩野派の絵師から、日本初の写真家となった
下岡蓮杖の記念碑ですCAMEDIA SO-570UZカメラ
野毛で写真館を開業し、その後、太田町5丁目角地に
写真館を開き繁盛したそうですコインたち
江戸時代の方々は、写真を撮ると魂を取られると思っていたそうで、
主なお客さんは外国の方だったとか…アセアセ
インスタ、セルフィーで写真を撮りまくっている、
現代っ子は魂ぬかれまくりですね・・・はい笑い泣き
馬車道沿いのデイリーストアの前にあります。
image
最後に、馬車道駅からいらっしゃると
その存在感を見せつけられる『神奈川歴史博物館』
石造りのきれいな建物ですルンルン
今日のような晴れの日ですと朝から写真映えするそのお姿を、
カメラをもったおじさまに狙われていましたが、
私が好きなのは、夜です流れ星
日が暮れた後、ぽっかりオレンジ色に照らされていると
ヨーロッパの街角にワープしたような気分にさせてくれますchapel*
元々は横浜正金銀行という、開港に伴い
外国商人との取引を行うための銀行でしたYen
今では明治時代の貴重な建造物として、国の重要文化財に指定されていますキラキラ
今は館内改修工事のため休館中で、
2018年4月下旬に再開予定だそうですニヤリ
また、天気がいい日に、クリニック周辺をご案内しますね~乙女のトキメキ
篠田でしたおすましペガサス

BLOG