骨が出す!最高の若返り物質

実は昨日、大学の先輩の飯嶋優子先生のクリニック
『いいじま内科クリニック』を突撃訪問してきましたウシシ
反町から徒歩3分の場所にありますあしあと
{74852FB5-A888-489E-8D59-ACF884D4DDAA}

1階が薬局で2階がクリニックです病院

飯嶋先生の専門がリウマチなどの膠原病なので、ご高齢の方や車いすの方のため、

バリアフリー設計になっており、エレべーターで2階に上がります車イス

{E4D88D20-4851-4DC2-BFD0-45AD31A637C0}
{1F9EEA33-8E90-444F-9D1D-4606D658E6EA}

 

院内は『クリニックらしくない内装にしたかった』と飯嶋先生が仰る通り、

紺と白と明るいナチュラルウッドの建具で統一されていましたニコ

先生の優しい雰囲気にピッタリですキラキラ

{F3D5A86E-0269-4E69-90BB-137BACD39094}
image

 

受付には、電子書籍用のタブレットがあり、雑誌が読み放題です本

美容室では、このようなタブレットで雑誌が読めるところもあるらしいのですが、

クリニックでは私は初めて見ましたキラキラ新しい~~ルンルン

{F59D3B42-F578-4E7D-9F73-294BEA2700A2}

そして、待合にはお飲み物メニューなるものがおーっ!

ほうじ茶やお水など、出して下さるようですキラキラ

 

癒し系の飯嶋先生の問診の後・・・

目的の骨密度測定へグー

なぜ、私が骨密度測定をしたかったかというと、飯嶋先生とお話ししている時に

『骨量のピークは二十歳だけど、若い子でも骨量の少ない子もいるので、私は20代でも骨密度測定はした方がいいと思うの。ダイエットや貧血、タバコを吸っていると骨量下がってしまうし、余力がないってわかっていたら気をつけられるでしょ上差し

更年期以降の方には大体勧めてます』と聞いていたからですイヒ

 

それに、私が毎日患者さんに

『顔の骨も骨粗鬆症がおこって、骨が減ってきているから、その部分にヒアルロン酸を足さないといけないんです』というお話しをしていて頭蓋骨

私も骨の減りが早いタイプなので、

『ずっとヒアルロン酸を打たないといけないの??骨粗鬆症を防ぐ方法ってないの??

と考えていたからですガーン

 

妊娠中と出産後に産婦人科のクリニックでカカトで測るタイプの骨密度測定もしていましたが

なぜか産後に骨量が上がり、正常以上の骨量という怪しい結果だったんですね雷

同じ検査でも機械により精度が違うので、『ちゃんと詳しい検査を1回してみたい!!』ということで、お伺いしたのですほっこり

image

飯嶋先生の専門であるリウマチの方は骨粗鬆症の合併が多いので、

開院される際は絶対に入れたいと思ってらした機械だそうですキラキラ

CTやMRIなどのように、閉鎖空間でもないので、閉所恐怖症の方でも大丈夫ですねうーん

ズボンの金具が邪魔なので、ズボンだけ履き替えて、横になります。

足を固定し、検査スタートルンルン

ブーンと機械が動いている音がするだけで、5分しないで終わってしまいました!!

image

ちなみに、台に横になる前に、こんな身長計で体重・身長測定があります。

image

ですので、問診票でサバをよんでもダメですアセアセばれますもやもや

身長測定もビックリだったのですが、学生時代は158.5cmだったはずなのに、

この時は156.5cmという数値アセアセ

私、圧迫骨折の既往ないはずですが・・・・・・ガーン

すでに、身長縮んでいまして、ちょっとショックでしたぐすん

 

結果はすぐにでますOK

image

腰椎は大丈夫だけど、股関節が淋しい結果に笑い泣き

『自転車禁止ですね。大股で歩いて下さい。』と言われてしまいました。

そうですね・・・最近は自転車ばかりでしたぐすん

 

牛乳やチーズでカルシウムを取っても、吸収率が悪くなっている可能性があるので、
活性化ビタミンDをだして頂きましたイヒ
image
このビタミンD、日焼けが称賛されていた1980年代は不足している人は少なかったんですえーん
日光(シミの原因になるUVB)にあたると体内で合成できるビタミンだからなんです晴れ
1985年頃からオゾンホールが注目され、紫外線を防御するようになり、現在の美白ブームもあいまって、ビタミンD欠乏の方が増えているそうですもやもや
(女性では6割が不足、20代女性では8割が不足しているというデータもあります。)
1月に東京近郊で、ビタミンDの為に腕と顔を露出して日光に当たるのに、必要な時間は50分。真夏の8月ですと10分らしいです。
自然にまかせ、顔と腕を露出して外を歩く・・・この時期は寒すぎますガーン
そして、日々日焼け止めの重要性を力説している私は、UVBなんて浴びられませんぼけー
ですので、薬で取っちゃおうというわけですカプセル2
お薬が嫌な方は、キノコやお魚からも摂取できるようですよきのこ

骨密度測定の他に、血管年齢測定や動脈硬化が起きているか調べる頸動脈エコーも行っているそうです。

血管年齢測定は初診でも1150円なので、心配な方はされてもいいかもしれませんねラブラブ

{1B167824-E780-4930-A599-9933888BCAC0}

骨密度測定は保険で3割負担で2400円でしたコインたち

お薬は馬車道のヤマガタ薬局さんで頂いて、1ヶ月分で1510円でしたにやり

ちなみに、1/7放送のNKHスぺシャルでも『骨が出す!最高の若返り物質』というテーマで、骨が出すホルモンについて特集されていました。
骨オステオカルシンという骨からでるホルモンが
①海馬に働きかけ記憶力が向上する。
②精巣に働きかけ男性ホルモンであるテストステロン分泌を上げる。
③筋肉のエネルギー効率アップする。
骨オステオポンチンという骨からでるホルモンが免疫力を上げる。
骨20-50代の男性で、ランニングをしている群と自転車に乗っている群では、自転車に乗っている群の方が骨粗鬆症予備軍が多い。
骨骨は衝撃が加わることで、骨量がアップする。ジャンプすることで、骨量が増えた。
ということが、放映されていました。
ですから、私も自転車禁止令が出たんですねガーン
自転車は心肺機能を上げるには良いそうですが、座っているので骨に衝撃がないので骨量という視点でみると良くないようですアセアセ
自分の体重だけでもいいから、歩くことでカカトに衝撃をかけて、骨を作らないといけませんねランニング
飯嶋先生曰く、フラメンコやフラダンスをしている人は骨量が多いそうですフラダンス
カカトに衝撃がかかるからでしょうか!?
ということで、忙しい方は、『かかと落とし』がお勧めですウシシ
かかと落としは、骨に体重と動きによる加速度をかけた負荷を加え、
体全体の骨に効率よく刺激を加えることが目的です。
頭の上から見えない糸でつり下げられているイメージで大きく真上に背伸びをして、
ストンと落ちます。これを1日30回以上キラキラ
これなら、空いた時間にできそうですキラキララブラブ
内服とかかと落としをして、なるべく歩いて、半年後、再検査してみようと思いますグー
いいじま内科クリニックのすぐそばには、お菓子屋さんもありあますショートケーキ
『アトリエ菓舎』
{2726DD78-44E9-41A7-8E5B-FD246462F72F}

残念ながら、昨日はフランス研修に行かれているとのことで、お休みだったのですが、

飯嶋先生からいただいたチョコレートのブーツ本命チョコ

{E9EE19F8-8829-4315-A3EF-1491C3EBB6ED}

 

パンなども焼いていて、ランチも人気らしいですよ食パン

{DCB83FFF-64FB-4B73-B238-BEC1F360DDCF}
お近くの方は、骨量測定してみて下さいね~ルンルン
篠田でしたおすましペガサス
いいじま内科クリニック
横浜市神奈川区泉町2-4 YAOKAN CLINIC BLDG 2F
東急東横線反町駅から徒歩3分 京浜急行神奈川駅から徒歩9分
045-534-8044
9:00-12:30 15:00-18:00
水曜・土曜午後・日曜・祝日休

 

BLOG