黒グマの治療

クマにもいろいろありまして、

一般的には血行不良の青グマ、色素沈着による茶グマ、凹みによる黒グマに分けられますきゅん♪

 

その中でも、今日は凹みによる黒グマの治療について、ご説明したいと思いますきゅん♪

 

まじかるクラウン1. ヒアルロン酸注射

影になっている溝を盛り上げることで、影によるクマを改善します乙女のトキメキ

 

メリット

内出血が起きなければ、赤い点だけなので、そのままメイクして、

ばれずに過ごせます。

(けれども顔の他の部位に比べ、目の周りは、

内出血が起きやすい部分でもありますアセアセ)

嫌な時は溶かせます。

この三つの中ではお値段が安いコインたち

 

デメリット

目の下の皮膚が薄いので、青く透けて見えたり、

モコっと盛り上がって見えたりすることがある。

入れた当日は調度よい感じでも、数日たってから、

ヒアルロン酸が膨張し、目立ってくることがあります。

私も数年前に入れたヒアルロン酸が、むくんだ時だけ目立ちますびっくり(人にはばれない程度ですが・・・)

 

持続時間

柔らかいヒアルロン酸を使うので、半年程度の持続期間のはずなのですが、意外と溶けません。ですから、また凹みが気になった時に、再注入します。

 

↓↓↓

(凹みがなくなり、平坦化しましたハート)

まじかるクラウン2. ベビーコラーゲン注射
同じように凹んでいるところの下に入れることで、凹みを改善します。
また、注入部周囲の皮膚も活性化するので、ちりめんじわにも有効です。
メリット
なじみやすいので、凹みだけでなく、刻まれてしまったシワにも有効です。ヒアルロン酸のように透けて見えたりすることがありませんウインク

脂肪細胞の新生・再生を促して、ボリューム効果を高めるという作用もあります。

 

デメリット

ヒアルロン酸に比べ高い。

献血ができなくなる。

 

持続期間

初回は3~6ヵ月しかもちませんが、注入することで、周囲も刺激されるので、脂肪細胞が増え、繰り返し注射すると1年半以上長持ちすると言われています。

 

まじかるクラウン3. アグネス

眼窩脂肪が脱出することで、影を生じている場合は、

脱出している脂肪を針を刺して高周波で脂肪を焼灼します。

 

{7DC8FE58-6E84-49C6-A068-CEB86DC8CBA3}

 

メリット

飛び出ている脂肪をとる脱脂手術よりは簡単。

眼窩脂肪が脱出しているタイプでは、

根本的な治療になる。

皮膚表面は傷つかないので、翌日にはメイクが可能。

 

デメリット

内出血が必須ですので、可能な日に施術してください。

脂肪の突出が多い方は、脂肪が減ると、皮膚が余り、目周りのしわが悪化したように見える。

(そのためたるみの強い方は、皮膚を引き締める小じわ用のアグネスも併用することをお勧めします上差し)

 

持続期間

一回焼灼された脂肪は、再度復活することはありませんが、

一度に全ての脂肪を焼灼するわけではないので、

(やりすぎで凹んでも困るので)、ボリュームダウンが不十分な場合、再度焼灼が必要です。

施術前 施術後

{C1CF41F6-6B0B-4CB9-95F0-27712B1DE241}
以上、わかって頂けたでしょうか??
注射系の治療がお嫌な場合は、イントラアイやプラズマアイなどで、
皮膚を引き締めていくこともありますキラキラ
まずは、カウセリングからどうぞ音符
篠田でしたおすましペガサス
ヒアルロン酸 ¥30000
ベビーコラーゲン ¥80000
アグネス(両側) ¥100000
(皮膚も引き締める必要がある場合は小じわ用のアグネスが別途必要です ¥50000)

 

 

 

 

BLOG