美容外科手術(自費手術)

美容外科手術(自費手術)

二重形成

■ 埋没法

糸で留めて二重を作る方法です。切開法に比べて腫れにくく、手術時間も短いのが特徴です。瞼が厚ぼったい場合や、余剰皮膚が多い場合は適しません。当院では、バランスを見ながらそれぞれ2点~4点留めを行います。通常2~3日むくんだ感じが出る程度ですが、稀に1週間程度の内出血を起こすことがあります。

■ 切開法

皮膚を切開し二重を形成します。一度手術をすると元に戻すことはできませんが、一重に戻ることも原則ありません。当院では腫れないように丁寧に細かく手術を行いますが、通常で1週間程度の内出血と2週間程度の軽い腫れが出ます。この手術はオプションで眼窩脂肪切除や眼を大きくする挙筋短縮を行うことができます。

上眼瞼のたるみ取り手術

眉毛の下や二重のラインにそって皮膚を切除し、二重の幅を広げます。

■ 眉毛下切開法

もともとある二重が年齢と共に幅が狭くなってきたという方にお勧めです。しばらく眉毛に沿って赤い傷ができますが、お化粧で隠せます。薄い皮膚のまま二重が形成されるので自然な仕上がりになるのが特徴です。

■ 重瞼ライン切開法

二重のラインに沿って切開します。切り取る皮膚が少量の場合はこの手術法で行います。傷跡が二重のラインに隠れるため比較的術後傷跡が目立ちにくいのが特徴です。

下眼瞼のたるみ取り手術

・目の下の皮膚のたるみや小じわが気になる場合、下眼瞼ミニリフトにより眼輪筋を少し吊り上げて骨膜に固定し、
余った皮膚を少し切除します。1週間程度のダウンタイムが生じます。

・目の下の膨らみが気になる場合、下眼瞼の裏側から脂肪を切除します。傷跡が表面に出ないのが特徴です。
傷跡はありませんが、少し内出血が目の下に現れることがしばしばあります。ダウンタイムは1週間です。
また、状態によっては裏側からの切除が難しく皮膚側からピンホール切開にて脂肪を切除行うこともあります。

・目の下の膨らみが強く、皮膚のたるみもある場合はハムラ法にて脂肪切除・脂肪隔膜処理・余剰皮膚切除を行います。
2週間程度のダウンタイムが生じます。

眼瞼下垂手術

一定の機能的条件を満たせば保険診療で治療を行うことができますが、少し目を大きくしたいとか、切らない眼瞼下垂手術は自費にて手術を行っております。

※その他様々な美容外科手術も行っております。カウンセリングにてご相談ください。