ウルトラセル(HIFU)

ウルトラセル(HIFU)

たるみの原因と治療について

皮膚のたるみは加齢により皮膚内のコラーゲンの生成が減少し、皮膚を支える力が衰える事が主な原因とされています。その為、たるみ治療を行う上では、いかにして皮膚のコラーゲンの生成を促せるかが重要になります。
元来人間の皮膚には傷を負った時にその傷を治して皮膚を再生しようとする創傷治癒力が備わっています。近年のたるみ治療機はこの人間の本来から持っている能力を利用し、皮膚内部に熱ダメージを与えることにより、細胞を刺激して活性化させ、コラーゲンの生成を促す事を目的としています。
しかしながら、皮膚全体にダメージを与えてしまうと色素沈着や水疱などの合併症を引き起こしてしまいます。そのため、ダウンタイムや合併症のない治療を行うためには、いかに色素沈着や水疱の原因となる皮膚表皮への熱ダメージを与えずに、深層にある真皮層や筋膜層に十分な熱を伝えられるかがkeyとなってきます。

たるみ治療とHIFU

ウルトラセルは高密焦点式超音波(HIFU)を搭載しています。このHIFUは目標の深度のみに超音波が熱作用を起こさせる技術で、治療ターゲット部位に限局してダメージを与えるため、癌治療や結石治療などの様々な医療分野で導入されています。
今までのたるみ治療機は皮下の真皮層をターゲットにする物がほとんどでしたが、ウルトラセルのHIFUはこの技術を使用し、皮下4.5mmと3.0mmに照射されるように設計されています。この深度によって皮下に有るSMAS(筋膜)のみにアプローチする事が可能になりました。

HIFUの作用

SMAS筋膜に到達した超音波は熱エネルギーとなり、ドット状に筋膜を刺激します。刺激された筋膜は徐々に修復作用が始まり、コラーゲンの生成が行われて緩んでしまっていた筋膜の収縮が起こります。コラーゲンは2~6ヶ月の長期間に渡って生成をされるので、自然な形で徐々にリフトアップを行い、その効果も1年程続きます。



イントラジェンGFRとの相乗効果

皮下4.5mmと3.0mmの2種類の深さでSMAS筋膜を刺激するウルトラセルのHIFUに対して、高周波を使用しているイントラジェンのGFRはSMAS筋膜よりも浅い真皮層をターゲットとした、たるみ治療です。この2つの強力なたるみ治療の併用して皮膚と筋膜同時に収縮させることで、従来のリフトアップ治療の限界を超えた強力なリフトアップ効果を得られます。
当院ではそのウルトラセル(HIFU)とイントラジェン(GFR)を同時に行う施術をウルトラジェンと呼んでいます。機器によるリフトアップの中でウルトラジェンは最高のパフォーマンスが期待出来ます。アンジュールがお届けする切らないフェイスリフト、ウルトラジェン。是非お試し下さい。