日別アーカイブ: 2020/9/3

やり過ぎ感のある顔

私達、美容に携わる人間が見ていて、「これはやりすぎや……ガーン」と感じやすい

部位を今日はあげてみたいと思います。

 

ドクロ

韓国だと、一度に5~10㏄入れて、額を丸く突出させるのが、流行だそうですが、

やり過ぎると、コブダイとか、ナポレオンフィッシュみたいになりますね……ぼけー

私も、一時期、注入しすぎて、「やばい……アセアセ入れすぎた……アセアセ」とテンパっていましたが、

優しいスタッフは「コブダイ」とは言わずに、「シロイルカちゃんみたいですイルカ」と

表現してくれましたにやり

額が出すぎなのは、変わらないのに、シロイルカだと随分可愛く感じられるもやもや

言葉のマジックですねガーン(頑張って、グイグイ押して、平らにならして、今はだいぶマシになりました)

 

ドクロくちびる

くちびるも、加齢により薄くなっていくのですが、入れすぎると、顔のバランスが崩れ、

「やってま~すゲラゲラ」といった、バレバレの整形顔になるように思います。

自分で入れ過ぎてみて思う事ですが、目の上下径や、頬のハリ感を考慮して入れないと、

くちびるだけが目立つ羽目になります。

(外人さんのプリプリのくちびるを目指しても、日本人の目や鼻をもつ自分にはアンバランスなるってこと

です。くちびるだけ外人さんでもねぇ……)

ヒアルロン酸は、注入直後よりも、数日後の方が膨張しますし、顔がむくんでいる朝は、

より膨張して、「ヒアルロン酸はいってるよ~ゲラゲラ」とという顔になります。

もちろん、ヒアルロン酸は溶かせるので、「入れすぎた笑い泣き」と思ったら、修正はできるのですが、

もったいないので、まずは入れすぎないように、ほどほどの仕上がりで撤退するといいと

思っています。

 

ドクロあご

たま~に、他院でヒアルを沢山いれてきて、アゴが尖り過ぎて、ファイスラインから

はずれている人を見ます。

 

ドクロ目の下

チンダル現象で、ヒアルロン酸が青く透けていていたり、

ヒアルロン酸の入れすぎで、目の下が全体的に盛り上がってしまっている方に会うと、

「入れるより、溶かしましょう……えー?」と、言いたくなります。

 

ドクロ涙袋

涙袋も本当に少しだけならいいのかもしれませんが、芸能人の方でも、涙袋が不自然に

青く膨らんでいる方をみると、「やりすぎですよ~おーっ!」と指摘したくなります。

涙袋が入っている顔が「ナメクジみたいで、違和感があるにやり」と院長が言うので、

当院では涙袋のヒアルロン酸はお断りしています。

 

ドクロ法令線

法令線は、子供でもあるのですが、法令線に固執して、ヒアルロン酸をドンドン入れていくと、

なんだかモッタリした、むくんだ顔になります。

法令線に対するアプローチは、ヒアルロン酸だけなく、たるみ治療機や、コグリフトなどを

組み合わせて、総合的に行っていくのが、よいと思っていますうーん

 

綺麗は保ちたいけれど、「入れ過ぎじゃないぶー??」と思われてしまったら、逆効果なので、

どの場所の注入でも、「あともう少し入るかも……!?」くらいのさじ加減が重要かなぁ~と、

感じます。

 

私も自宅の、洗面台の三面鏡で観察しては、自分の顔の凹みをみつけ、

私 「ここにヒアル入れたい!!先生、時間あったら入れて下さいお願い

院長「え~、入れなくていいよ~ぶー

と、日々、攻防戦を繰り返しています。

けれども、きっと院長が判断しないと、私もすぐに「ヒアル顔」の仲間入りしてしまうんだろうなうずまき

篠田でしたおすましペガサス