コロナウイルス除けのお札

関内の焼き鳥屋さん「鶏炎」にコロナウイルス除けのお札が貼ってあって、思わず写真を

とってしまいましたカメラ

アマビエだけでなく、こんなお札もあるんですねウシシ

左の鬼のようなキャラクターは、厄災を退ける護符として1000余年崇められてきた、

「元三大師(がんざんだいし)」だそうです。

元三大師とは、天台宗中興の祖と称せられる良源のことで、良源が災疫を祓うために夜叉の姿に

化して自らを鏡に映し、自分の像を置く所には必ず悪鬼・災疫はないと誓ったことに由来する

そうです。

千葉県長南町にある「長福寿寺」のお札のようです。長福寿寺は798年、桓武天皇の勅願に

より創建。「西に比叡山、東に長福寿寺」とまで称されたお寺です。

だから、菊の御紋があるんですねうーん

 

右のお札は、桜木町駅近くの伊勢山皇大神宮のものですね。

新型コロナウイルス感染症の一刻も早い鎮静を祈念して、「疫病鎮御祈祷之札」を一世帯に一体、配布しているそうです。

 

見えないウイルスとどう戦うか??

手洗いやマスクも大事ですが、気の持ちようも大事ですねねー

 

当院も6月からは、18時までの通常営業になります。

緊急事態宣言中、時短営業にご協力いただき有難うございましたキラキラ

少しづつ、日常を取り戻しつつありますねチョキ

篠田でしたおすましペガサス

BLOG