サーマクールFLX 入りました☆

切らないフェイスリフトとして、2002年に登場してから、たるみ治療機の王者とされていた

「サーマクール」の最新型FLXが当院にも参りました。

サーマクールは、これまでに全世界80か国以上で100万件以上の症例数を誇り、日本国内

でも18万件以上もの症例数がある、たるみ治療の王道とも言えるマシンです。

 

サーマクールとは米国Thermage社の高周波(ラジオ波)を用いた装置で、たるみの原因である

緩んだ皮膚真皮に働きかけて引き締めることができます。

たるみ以外にも小じわや毛穴の開きの改善にも効果があります。

サーマクール登場以前にはフェイスリフト手術などの外科的治療以外に、たるみを治療する方法は

ありませんでした。

サーマクールFLXは最新の機械で、従来のCPTに比べて、熱のボリュームが1.3倍アップ、

深達度が180%アップ(深さ4.3mm)したことで、治療直後の引き締め効果が向上しています。

 

さらに、痛みを抑えるためのバイブレーション機能が改良され、1ショットごとに肌の抵抗値を測定し、

最適な出力で照射する最先端のテクノロジーの搭載により、痛みが軽減されながらも、即時効果が

期待できます。

 

さて、当院にすでにあるウルトラセルとサーマクールは何が違うのでしょうか❔

ザックリ言うと、ウルトラセルは「ひきあげ」、サーマクールは「ひきしめ」です。

従来のサーマクールよりも深く熱が入るようになったので、(4.3㎜といったら、ウルトラセルの4.5mm下とあまり変わらないですね)、輪郭の崩れ・フェイスラインやあご下のもたつき・口角横の

だぶつきを改善して小顔に導きます。

さらに、皮脂腺の収縮効果もあるため、毛穴の開きやニキビも改善され、

キメ細やかなお肌へと変化していきます。

 

早速、昨日、院長、寺部先生、私とスタッフが体験しましたほっこり

私は月曜日にヒアルロン酸を入れて、内出血してしまっていたので、アゴ下だけやりました。

痛みは以前の機種にくらべかなり、軽減されているそうで、イントラジェンのほうが熱い

という人もいました。

 

術前、術後はこんな感じです。寺部先生、頬のトップの位置が少しあがったかな?

やや引き締まった感があります。

 

院長はこんな感じ。少しスッキリしたかな?法令線が浅くなってますね。

早速今日、患者さんに「先生何かした?若くなった」と言われたそうですねー

お値段ですが、他院では、300ショット30万以上のところが多いのですが、

うちはなぜか18万コインたち2人でいらしたら1人15万コインたち一般価格の半額やんガーン

先に言っておきますが、本物の機械です。

原価が高いので、当院のなかでは高価格帯の治療にはなってしまいますが、

サーマクール好きな患者さんが、遠いところからいらして下さるかも……。

篠田でしたおすましペガサス

BLOG