左手だけふっくら

連休中、皆さまはいかがお過ごしでしょうか??
私は3日とも仕事なので、全く連休の感覚がありませんぶーぶ~・・・(車)。
image
昨日は勉強会があり、院長がボトックスについて再度、講義をしてくれましたキラキラ
移転して広くなったので、勉強会の椅子も並べやすいキラキライイ感じですグッ
お昼は皆で、『釜寅』を頂きましたもぐもぐ
釜寅は、お出しがついてくるので、最後お茶漬けのようにして食べられるので好きですゴハン
お家でも、出前を頼むこともありますが、子供達にも好評ですOK
image
さて、昨日は私のお腹をお見せしましたが、今日は私の手をお見せしましょうイヒ
こちら、左右で少し違うのがわかりますでしょうか!?
ヒントはふっくら感ですハッ
{2B7670C9-8C9E-4332-B54D-93DE7554AF38}

そうです、左手の方がふっくらしているんですうーん

 

ちょっと、マーキングしてみました↓↓゛

image㊧ {BBA20CA4-6DB8-49FA-AE8C-50CC363DBC5B}㊨

実は数年前に、手の甲をふっくらさせる注射を自分で打ったのですが、自分でやったせいか、

親指側に上手く入らず、親指側の手の甲が少しスジっぽかったんですね真顔
右手をよくみると、親指側の方がスジばっていますねえー?
両手とも、そんな手だったのですが、2週間前に再びFGFを注射したんです注射
薬剤の量も少なかったし、私は右利きで左には打ちやすいので、
左手の甲、親指側だけに打ちました上差し
すると、二週間後……時計
その部分だけムッチリ、ふっくら、フワフワガーン
面倒くさがらずに、両手に分散させればヨカッタアセアセと思っても、後の祭りですガーン
まっその分、患者さんに術前・術後でお見せしましょうグー
写真より、実際のほうがムッチリしております手

 

診察の時にでも、フワフワとゴツゴツの違いを触って確かめて下さいませウインク

私が注射したのは『FGF注射』ですおばけくん

『FGF』とは『線維芽細胞増殖因子』のことで、私たちの体に元々あるものです。

線維芽細胞を増やす働きがあります↑↑

 

線維芽細胞はコラーゲンを作り出す細胞なのですが、老化により働きが弱くなるので、

肌のハリ、弾力が失われてしまうのですショック

 

そこで、FGFを注入すると、線維芽細胞が増え、

それによりコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの生成が促進され、

肌の弾力が戻り、手がふっくらするというわけですラブラブ

 

治療時間は10分弱で、針を刺すところも一か所です。
注入後7-10日は注入部が、時々ピリピリしたり、ヒリヒリしたりすることがありますが、
気になるほどではありませんOK
二週間後から手の甲がふっくらした感じが実感でき、2年ほど続きます。
FGF以外では、ヒアルロン酸も手の甲に打つ事ができますイヒ
ボリューマーという2年持続するヒアルロン酸がでたので、それでもいいかもしれません音符
両手で2.3本は必要かと思われます。
可愛いネイルをしても、手がゴツゴツしてきて、『ふっくらしたいわぁ~ぼけー』という方は、
FGF注射か、ヒアルロン酸注入をご検討下さいねー
篠田でしたおすましペガサス
FGF注射 ¥100000
手のヒアルロン酸注射 ¥70000(2本)~¥105000(3本)

BLOG