幹細胞由来化粧品 カレシム入りました

今日は私が最近はまっている化粧品をご紹介しますキラキラ

こちら、シンガポールから発信され、アジア・アメリカのクリニックでも急速に採用されている

「カレシム・プロフェッショナル」です。

「カレシム・プロフェッショナル」は幹細胞培養液から抽出された、美容液です。

シンガポールにある親会社であるCellResearch Corporation(皮膚細胞および臍帯幹細胞の研究に焦点を当てているバイオテクノロジー企業)が、10年前に、

哺乳動物のへその緒に豊富な幹細胞があるのを発見しました。

その子会社が、赤鹿のへその緒から幹細胞を取り出し培養し、様々な成長因子を含んだ液体が、

「カレシム・プロフェッショナル」です。

米国FDAの創傷治癒臨床試験でも現在利用されている、親会社の特許取得済みの

幹細胞培養技術を使われて製造されています。

 

最近、幹細胞由来成分を含みますという化粧品も多いですが、

調べてみると植物由来幹細胞成分という事が殆どです。

「植物の出したサイトカイン(細胞を増やすメッセンジャー)が、ヒトの肌にいい事あるわけ!?

意味わかんないえー?iPS細胞とかに便乗してる??」と否定派の私でしたが、

この製品は違います。

 

まず、ちゃんとした培養専門会社がバックにいること、

液体がピンクなこと(私が大学院で細胞を培養していた時もピンクでした)、

ニュージランドの赤鹿のへその緒から幹細胞を抽出していること、

などなど、しっかりしているなぁ~キラキラと思いました。

 

そもそも、表皮細胞を増やすとき、栄養成分として、子牛の血清を添加する事が多いのです。

けれども、プリオン病など未知の病原体が、今後発見されるかもしれないので、

自身の血液から抽出したPRP(多血小板血漿)を添加して、細胞を培養できないか……というのが、

私の学位論文でした。

 

おそらくこの会社が、ニュージランドの赤鹿のへその緒を採用しているのは、

赤鹿が病気に罹らず、最も厳格な動物福祉法が適用されるニュージーランド国内で

養殖されているされているからだと思います。

放し飼いされている鹿が、出産する時にでたへその緒を収集して、カレシムに使用されています。

動物実験はされていません。

 

一応、メーカーさんから頂いた資料では、カレシムを添加すると細胞が増えたり、

 

皮膚が厚くなったりするようでした。

 

傷の治りも早くなる!!(創傷治癒に活用されるのは、サーモンと一緒ですね🎵)

 

当院にはこれまでも、臍帯血再生因子療法などもありましたが、お値段が高いのが、

困りものでした。

しかし、こちらは¥10000/5㏄です。

しかも、プラズマシャワー、スプリング、ダーマペンに使った後に、残りを持ち帰れますグー

残ったのを、自宅で使って下さい。2週間くらい使うと効果が実感できるそうですよほっこり

 

ちょっと塗る時に独特な香りがしますが、使い心地はサラサラしています。
クリニックで使った残りをお持ち帰りになる場合、4ccなので、すぐなくなってしまうかと思いきや、
私は1ヶ月くらいもたせそうですOK

ちなみに、私はまだ2週間ちょっとしか使っていませんが、キメが細かくなったような気がしますハート

できれば、ダーマペンをした後に塗りこみたいのですが、時間がなくてできていません。

よかったらお試し下さい✨

篠田でしたおすましペガサス

 

ダーマペン+カレシム ¥25000

スプリングやプラズマシャワーで使用する時のオプション +¥10000

 

 

BLOG