美白よりツヤ★

「このしみ、取りたいんですぶー」と患者さんに言われても、

「イヤイヤ、もう薄いんで、アキュチップは効きにくいと思いますよ。

これを取りたいのであれば、お時間がある時にルビーをした方がいいと思いますけど……」

一日、何人にもこんなお話しをしていると思いますにやり

 

当院にいらっしゃる方のお悩み、No1は「シミ」なので、

メインのシミが薄くなっても、他が気になってしまって、この際全滅させたいおーっ!

というお気持ちになるのは、よ~くわかります。

 

けれども、全滅はナカナカ難しく、薄いシミを叩きに行こうとすればするほど、

炎症後の色素沈着のリスクが高くなります。肝斑が悪化してしまう事もあります。

 

しかも、これから紫外線が強くなるのに……今、薄いシミと戦わないとダメですかね!?

と、濃くないシミに関しては、最近は逃げ腰の私ですぼけー

 

そもそも、私はこういう仕事をしておきながら、

美白がスゴイ大事だと思っていないところがあります上差し

薄いシミも、メイクとれば残ってますよグー

 

そりゃ、大きなしみ、目立つそばかす、クスミはない方がいいんだけど……

それより、たるみじゃない!?眉間のシワじゃない!?ツヤじゃない!?ハリ感じゃない!?

と思っているところがあります。

 

昨日、美容室で読んだ「Marisol 6月号」で

美容家の神崎恵さんが

「ハリがあると、幸せそうで、満たされていて、品と華がある人に見える。

ハリがあれば、つるっとした発光感が宿って、光を放つ人になる」と言っていました音符

 

ウンウン、確かにグー

無理してすごく若く見えることよりも、幸せそうに見えること、大事ですキラキラ音符

となると、やっぱりマッサージピールや、水光注射、プラズマシャワーやっていかないとかぁ~

と思った篠田でしたおすましペガサス

BLOG