脳梗塞?

最近、ジムに通っている事を、以前ブログにも書きましたが、

昨日、ジムのプログラムに参加している時、

終盤になりフラフラ~と座りこんでしまう方がいらっしゃいましたうずまき

私の参加しているプラグラムは、筋トレがメインで、

腕立て伏せや腹筋は、私も途中で、『もぅ無理~えーん』となる、ややハードなものです筋肉

 

ですので、最初は『疲れたのかな??』と思い、遠くで見守っていましたが、

ちょっと違うようですハッ

あれ、ろれつが回ってない、『手を握ってくださ~いグー』とお願いしても、力が入らないガーン

きっと、脳梗塞ですね……アセアセ

スタッフの方に、救急車を呼んでもらいました救急車

 

救急外来で運ばれてきた脳梗塞の患者さんは診ていても、

実際『今起きました!!』という患者さんには、初めて遭遇しました。

けれど、ジムなので何もできない……ぼけーガーン

 

脈をとって、不整脈がないことを確認。

脈も触知できるので、血圧もそれなりにあることを確認。お名前が言えるか確認。

そのくらいしかできないんです。

『血圧計ないですか?』と聞いても、座って測る備え付けのタイプしかなくて、

ほんと脈取りながら、横に座ってるだけ。

薬や、検査ができないと、何もできない医者もやもや

『家族に連絡しましょうか!?ロッカーから荷物だしますよ~』『お家はどこですか~!?

『なにか病気はありますか~!?』『飲んでいるお薬はありますか~!?

とか、そんな事しか聞けません。

 

けれども、15分位で救急隊が到着してくれたので、無事引き継げましたほっこり

 

発症から間もない脳梗塞なので、MRIを撮って、血栓を溶かす点滴をすれば、

後遺症のでる可能性が低く、ある意味、人がいるところで発症してよかったと思いました。

1人の時に発症して、助けも呼べず、処置が遅れたら、もっと大事ですアセアセ

発見された時に、数時間動けなくて、床ずれを併発していた患者さんを診たこともあります。

ですので、超早期に発見できてラッキーだったと思いますグッ

 

さて、そこで私が思った事……

やっぱ私も高脂血症の薬は、しっかり内服しないともぐもぐハッ

 

脳梗塞は脳の血管がいきなり詰まって、脳血流がストップしてしまう病気です。

高血圧・糖尿病・高脂血症・高尿酸血症(痛風になるやつです)・喫煙などで、

血管が傷つき、プラーク(血管の内側につくじゅくじゅくしたカスみたいのだと思ってください)が蓄積し、

それが脳に飛んで起きます。

もちろん、不整脈があって、心臓の中で血流が渦まいてしまい、血栓ができて、

それが脳に飛んで、脳の血管が詰まることでもおきます。

 

私は20代からやや中性脂肪が高く(HDL,LDLは正常範囲内です)、去年頸動脈エコーもしたところ、

少し血管壁が厚くなっていました……。(1mm以上がプラークと呼ばれるらしく、私はMAX0.9mm👇)

{2980ACA1-AC3D-41DB-9897-DBD0B902AC74}

 

今は血液の乱流もおきてないけど、このままいくと、プラークに発展するということで、

高脂血症の薬も、内服もし始めました病院

こんなやつ飲んでます👇

{3847D1B4-39AE-4166-BA06-B9DD24C28521}

 

痛くも痒くもない病気なので、飲み忘れてしまう事もあるのですが、

『やっぱりちゃんと飲まないと……えー?』と思ったわけです。

 

ちなみに、納豆を食べると血液がサラサラにとか、クルミで血管が若返るとか、

テレビではやっていますが、血液がサラサラになったとしても、

できてしまったプラークが溶けるわけではありません。

50代で、高脂血症くらいしかリスクのない女性で、脳梗塞を起こした患者さんを受け持った事もありますし、高脂血症なめちゃいけないですおばけ

 

人生100年時代おばあちゃん

外側だけでなく、中身も、使い続けられる体を維持しないと……グー

篠田でしたおすましペガサス

BLOG