自己開示と感情移入

昨日、受験の願書を記入していた際に、志望理由を書く欄がありました著者名

今どきの学校は、WEB出願で、記入もパソコンです。

私が沢山書いたら子供が受かるわけではありませんが、

私もその学校が気に入っているので、書き出したら止まらない……キラキラ↑

 

校風も好きだし、学園祭も楽しかったし、生徒も生き生きとしていたし、

部活の発表も良かったから、入学したらどこの部活に入りたいと思っているらしいとか、

説明会で先生がおっしゃっていたことに感銘をうけたとか、設備が素晴らしいとか、

まぁ色々書いていたわけです。

願書のサイトで書いていると、一定時間経過し「再びログインして下さい」と書いていたことが台無しになってしまう事に気付き、わざわざ『WORD』で書いて、コピー&ペーストsei

 

『よし!!』と思って、確定ボタンを押すと……

『志望理由は300字以内で書いて下さい』とエラーがでてしまいましたえーん

『300字なら300字までって、最初に書いておいてよアセアセ』と思いましたよイラッ

その後、削りに削って(一生懸命書いていた時間はなんだったんだろう……)

無事願書を受け付けて貰えましたキラキラ

 

さて、ここからは仕事の話……上差し

カウンセリングをしている際も、

『○○だから、綺麗になりたいんですグー』と時々教えて下さる患者さんがいます。

結婚式前だから、同窓会があるから、卒業式で写真をとるから、なんてイベントものから、

年をとってからお子さんを産んだので、『周りのママ友が若いから自分も若くいたいぶー

同じくお子さんを高齢で産んだので『おばあちゃんに間違われたくないアセアセ』というのが、

治療の理由の方もいます。

他にも、障害のあるお子さんの子育て中でクリニックだけが自分のご褒美とか、

再出発にむけてとか、人によって理由は色々ですねー

 

そんな話を聞くと、私は『それは、綺麗にならないとグー私も頑張りますニコ

と奮起してしまいます。

 

そんな風に自分が感情移入して、奮起してしまう性格なので、

レストランやホテルをネット予約する際は、

『誕生日です』とか『両親と子供(○歳、○歳、○歳)と三世代で利用です』

とか、こちら側の情報をなるべく書くようになりました鉛筆

 

ケーキ屋さんでも『お友達のお家に持っていくんです音符』とか『子供が好きなので赤ちゃん』とか

なるべくプラスの情報を言うようにしています。

雑談、世間話、、、、、、そんな事しなくても、ホテルもレストランも利用できるでしょうし、

ケーキも買えますが、売り手側にたってみると

『そしたら子供用フォークも必要かもしれないハッ』と色々派生してサービスを考えられますし、

『うちのケーキ褒めてもらえたチョコカップケーキ』と覚えて貰えたり、

より美味しいケーキを作って貰えるようになるかもしれませんウシシ

 

シミ取りも、しわ取りも、もちろん、雑談をしなくてもできますおばけくん

けれども、その方の情報、想い、動機がわかると、

こちら側も人間なんで、気合が入りますニコ

その方、その方の背景を知るだけで、『様々な物語があって面白いなぁ~音符』と

思うこの頃です。

篠田でしたおすましペガサス

BLOG