表情が感情を作る!

一般的には『悲しいから泣く笑い泣き』、『楽しいから笑うニコ』と、
まず感情があって、その結果で表情が引き起こされると考えられていますが、
逆の『泣くから悲しい』『笑うから楽しい』という考え方もありますほっこり
感情が表情をつくるのではなく、表情や行動が感情を作る。
このような仮説は、すでに100年以上前に心理学の分野で発表されており、
ジェームス=ランゲ仮説として、名を残しています本
現在の心理学領域では、『表情フィードバック仮説』として研究されています。
笑顔を作った状態で漫画を読む人と、しかめっ面をしてもらって漫画を読んだ人では、
笑顔を作って読んでいた人の方が漫画を面白く感じるとか、
しかめっ面の人の方が物事を批判的に捉える傾向があるなどの報告があります。
また、うつ病の患者さんに「頚部カラー」というむち打ちの時につける装具をつけると、
下を向けないのでうつ病が改善するという報告を読んだことがあります。
色んな事を考える人がいますねイヒ
ここで、はたっと思いついてしまった私イヒピカッ
しかめっ面になると脳は否定的になる➡しかめっ面にさせないボトックスを打つと……
うつ病が治るかも!?ウシシハッハッハッ大発見!!!
文献を調べていたら、既にいくつかの報告がありましたウシシ↓↓゛ですよね……
著者名2006年
うつ病患者10人の眉間ボトックスを打ったところ、注射後2か月後には9人の患者はうつ症状をていして、いなかった。10人目の患者は、まだうつ症状はあったが、気分は改善していた。
著者名2012年
すでに抗うつ薬の内服をしているうつ病患者30人に、16週間にわたり、
半分の患者はボトックス、半分の患者は生理食塩水を眉間に投与した。

ボトックス注射を受けた参加者は、1回注射から6週間後に症状が47.1%減少したと報告した。プラセボ群では、9.3%の減少が認められた。

 

著者名2014年

うつ病患者30人に対し、眉間にボトックスまたはプラセボのいずれかの注射を受けた。

3週間ごとに24週間評価したところ、ボトックス注射を受けた患者は、24週間後でも改善された症状を報告した。ボトックスの美容効果は約12〜16週間ですが、うつ病への影響はずっと長く続いていた。

 

著者名2017年

28人のうつ病患者の眉間にボトックスもしくはプラセボ(偽薬)を投与した。

ボトックスは、抗うつ薬治療と並行して使用されました。

6週間後、ボトックスを投与された参加者は、プラセボを投与された患者よりもうつ症状が改善されていた。

 

もちろん、うつ病には既に数々の抗うつ薬が発売されていますが、眠気や吐き気、食欲不振、

体重増加などの副作用もありますぼけー

軽いうつ状態ならボトックスで治ったり、薬物療法に加えボトックスを用いることでうつが

改善するならば、いいことだと思いますキラキラ

 

現在日本では、眼瞼痙攣、多汗症、痙性麻痺などの疾患に対し、ボトックスの保険適応が

認められています。

 

アメリカの食品医薬品局(FDA)では、より進んでおり、頭痛に対しても承認がおりているようです。頭痛を緩和させる効果は1992年に、シワ取りにボトックスを使っていたロサンゼルスの形成外科医によって偶然に発見されました。首や頭に注射することで、3カ月ほど効果が持続するそうです。

 

また、尿もれなどの過活動膀胱にも非常に効果的で、FDAに承認されています。

権威ある医学雑誌である『The New England Journal of Medicine』では、

ボトックス投与により女性患者の7割で過活動膀胱の症状が改善したと発表されており、

「過活動膀胱への治療として、過去30年でもっともインパクトのあるものだグッ

と評価する医師もいるようです。

 

私は『人は幸せだから笑うのではなく、笑うから幸せなのだ』
という言葉が大好きですほっこり
脳科学的にも笑顔に似た表情をつくると、脳の快楽物質『ドーパミン』が活性化します。
ですので、楽しくなくても笑顔をつくれば「幸福物質」が脳に出てくるのです拍手
眉間だけでなく、口角下制筋(口角を下げる筋肉)にボトックスを打てば、
口角が上がるので、シワどうこうでなく、より幸せな気分になれるのかしら……イヒ↑↑
{F195B697-5915-4C22-919E-C17733BCE7FA}
(実際『スマイルボトックス』という名で、口角下制筋にボトックスを打っているクリニックもあります)
妄想してワクワクなってしまうのも、ボトックスの効果の一つかもしれませんウシシ音符
篠田でしたおすましペガサス

眉間ボトックス(Dysport) ¥15000 (Botox Vista)¥30000

BLOG