院内絵画の紹介 阿部譲作『干支』『琉金図』

今日も院内絵画、阿部譲(ゆたか)さんの作品を一挙に紹介します音符

 

これまでも色々と、院内の絵を紹介させて頂きましたが、

私個人は、この画家さんの絵が一番好きですハート

 

こちらは旧店舗の時はアートメイク室に飾られていた『琉金図』

{331E9AA3-AB64-4940-A85A-14F4E6D4F4CD}
今は男性待合のほうにある個室に飾られていますキラキラ
何が好きって、このボコボコした質感と色味と……、なんか好きなんですキラキラ
ジーっと見ていても飽きない……グー

 

そして、パウダールームの廊下に飾られている、ずら~と飾られている干支の絵も

阿部穣さんの作品です音符

{77E07484-AF9E-45F4-A995-6E8101DBD23C}

ね~ねずみ

{C5813A0F-B3B9-4D31-8C48-0D4B1E90475E}

 

うし牛
{2D5B2ACB-7A05-4DDA-BB82-D2CB28F010CE}

 

とらトラう~うさぎは、パウダールームの光が反射しすぎて上手く写真が撮れませんぼけー

龍は売れちゃったみたいで、当院にはありませんうーんそうなのよぶー売り物なのよ!!

この子たちも買いたければ、実は買えます!

ご自身の干支だったり、お子さんの干支の絵を買われる方がいるそうですよコインたち

辰以外は並んでいますが、順番はバラバラです……にやり

こちらはうま~馬

{0CCE7AC5-94EB-4B4B-9FEB-247F843AD676}

とり~鳥

{6B916CDE-77E6-47FD-8FD3-F41AE0506C3B}

 

絵の隅にあるこのような落款ですが……

{D7E187B4-9DB4-4AB9-8B62-EE0AE7CCDF07}

 

ご自身の名前の『ゆたか』を組み合わせたものになっているそうです上差し(ブログより拝借)

 

阿部穣さんは森羅万象の生命の尊さを独自の視点で個性的に描き、

鳳凰、鶴、獅子などの古典的な題材を、重厚なマチエールとモダンな色彩感覚で表現する

若手日本画家さん。

画材はホームセンターで調達しているそうで、だから金網とかが下地に見えるんですねウインク

 

金網の上に色々塗って、層ができているのが面白いですねー

{E03D7041-9F71-4FF1-9E15-30C06B4C8EE3}

まじかるクラウン阿部穣さん 略歴

1975年 東京都府中市に生まれる>>同世代ですね!
1998年 ARTBOX大賞展入選
1999年 東京藝術大学デザイン科卒業>>エリートだわ~!
2000年 三渓園日本画賞展入選>>三渓園の賞があるんですね!
2001年 東京藝術大学大学院修士課程デザイン専攻修了(大藪雅孝研究室)
同大学デザイン科非常勤助手(〜04年3月)

 

最近、『東京タラれば娘』『海月姫』を描かれた漫画家東村アキコさんの

『かくかくしかじか』という漫画を一気読みし、美大に入る大変さ、

創作の大変さを思い知ったので、芸大ってだけで、

『すご~いガーンキラキラ』と尊敬してしまいます。

(『かくかくしかじか』は東村さんの自伝的漫画で、とても良い漫画です。お勧めですハート)

 

もちろん、絵も大好きですラブ

阿部さんのブログを拝見すると、お家の庭のテラスや池を作ったり、ピザ窯を作られたり、

本当に創作するが好きな方なんだなぁ~と思います。

一時期体調を崩されて、腎移植もしたとのこと……アセアセ

ちょっと心配ですが、無理のないように描き続けて頂きたいですほっこり

篠田でしたおすましペガサス

 

阿部穣さんHP https://www.yutakaabe.com/

ブログ http://d.hatena.ne.jp/yutakaabe/

BLOG