顔ニモマケズ

今日は久しぶりに、本の紹介をしようと思いますニコ

こちらの本は「夢をかなえるゾウ」などを書かれている水野敬也さんが、顔に病気のある方々

9人にインタビューをし、それをまとめた本です。2ページ目の「はじめに」から心をつかまれます。

 

あなたは、「自分の外見がもっと美しかったらいいのに」と思ったことはありませんか。

ドイツの市場調査会社が世界22か国で「外見」に関するアンケート調査を行ったところ、

「自分の外見の美しさに満足している」と回答とした人が、最も少なかった国が日本でした。

また、大手化粧品会社が10か国で行った「現代女性が考える美しさに関する調査」で、

「自分の美しさに満足している」と答えた日本人女性は14%。全体平均の38%を大きく下回り

ました。

こうした結果からも、いかに多くの日本人が「自分の魅力には問題がある」と感じているかが

分かります。

・・・・(中略)・・・・

人とは違う見た目に悩み抜いてきた人たちがつかんだ「幸せに生きるための方法」は、

見た目というジャンルを超えて、多くの人の悩みを解消する普遍性をもっており、

特に次のような人たちに役立つと感じています。

 

・年齢を重ねることで自分の魅力が失われるんじゃないかと不安になっている人

・「人からどう思われているか」が気になってしまう人

・就職や仕事のことで悩んでいる人

・恋愛に自信を失っている人

・自分の欠点やコンプレックスが気になる人

・他者とのコミュニケーションが苦手な人

・いじめに悩んでいる人

・外にでるのが億劫で部屋に引きこもりがちになっている人

・「やりたいこと」や「好きなこと」が見つからない人

・今の自分の環境や状況を変えたい人

・やりたいことがあるけど勇気がなくて踏み出せずにいる人

これらの問題を抱えている人は、本書に登場する人たちの言葉に大いに勇気づけられ、

また、問題を乗り越えるための具体的な方法を知ることができるでしょう。

 

本文では、片目を病気でなくしても、「僕自身にとっての顔の傷は、エネルギーの源だと思います。

他者に対しては、ネタでしょうね。人と話すとき、それがあった方が面白いし、つながりやすい。

そのためのネタだと思っています。」と語る青年もいました。

口唇口蓋裂があっても、自分の好きな事を見つけることで、顔の事なんて全然気にしない仲間に

出会えた方の話もありました。

 

私は、大学病院の形成外科にいた時に、先天奇形のある子供達のオペも受け持っていたので、

その子達の事を思い出してしまいました。

毎年夏休みは、オペのため入院。人と見た目が違うから、指をさされることもある。

痛い思いをしたからって、完璧に普通になれるわけではありません。

小さいながらに、そんな状態にあった、私の患者さん達も、本書に出てくる方々のように、

逆境を乗り越えて、自分の生きる道、居場所を見つけてくれてるといいな……笑い泣き

と思いました。

 

この本のインタビューを受けている方は、ある意味見た目というハンディを克服した方々なので

悩みきった後のような、格言が随所にちりばめられています。

 

・顔の症状がある事で良いことがあるとしたら、それは「すべての言い訳にできる」ことかも

しれませんね。人生に起きるどんな苦しい事や辛いことも、全部顔のせいにできてしまう。

でも、「変えられないこと」のせいにしたら、それこそ、人生は変わらないのです。

だから、私は自分の手で変えられることを、できるだけ変えていきたいと思うのです。

・誰でも生きていれば必ず悩むと思います。外見に症状があろうがなかろうが、関係はありません。

だから、問題は、悩みを「どうとらえるか」だと思います。

目の前の悩みを、「自分のこれからのためになるもの」だととらえたら、それは自分の成長や魅力に

つながると思います。

ただ、ある人は、悩みを「これ以上前に進めないもの」だととらえてしまう。すると、後ろ向きに

なったり、愚痴を言ったり、何かのせいにしてしまいます。

だから、悩むこと自体が問題なのではなくて、悩んだときに「どこを向くのか」が大事なんだと

思います。

 

悩んでも何かのせいにしないで、とらえ方を変えてみる事。

悩んでも引きこもらないで、外にでてみること。

乗り越えた悩みが大きければ大きいほど、人は魅力的になれる。

そんな事が、心に残りましたキラキラ

電車やカフェで読んでいると、泣いてしまって、周りの方に心配されると思うので、

是非、ご自宅で読まれる事をお勧めしますお願い

篠田でしたおすましペガサス

BLOG