黄金比メイク

先日、メイクセミナーに行って参りましたランニング

そこで、教えて頂いたのが黄金比メイク……化粧品

 

皆さん、黄金比ってご存知ですか??

黄金比とは自然界で最も美しいとされる法則で、1:1.618、この比率です。

モナ・リザも、ミロのビーナスも、富嶽三十六景も

 

パリの凱旋門も、パルテノン神殿もこの、1:1.618が用いられています。

 

企業のロゴデザインにも黄金比は活用されています。

クレジットカードや名刺の縦横比も黄金比なんですってぶー

ヒアルロン酸を入れる時にも、黄金比を考慮して注入しましょうと、カナダのDr.Swiftは

仰っていました。

 

さて、黄金比メイクに話は戻ります音符セミナーは簡易的なものだったので、

黄金比の顔のプリントされた下敷きを自分の顔にあてて、自分の顔のズレを探します。

 

私の場合は横幅が足りないみたい。でも、幅は変えられないガーン

眉ももう少し下の方がいいみたいだけど、アートメイクだから動かしにくいなぁ~えー?

眉毛下切開すればいいのか~??とうとうやるか……眉毛下切開……。

忙しい院長、やってくれるかな……アセアセ

↓院長に怖いって言われた写真

 

頂いた紙に色々メモしてしまっているのですが、友人に「今日はこんな事を習ったよ~ねー」と

ラインしたところ、「ためになる~キラキラ」と返ってきたので、皆さんにも共有します。

はしり書きでわかるかしら……うーん

肘は目の下に持ってくるってメモは、眉を描く時に、右利きの人はどうしても左眉が下手で、

下がりがちのなので、肘ごと目の下に持ってきて描くといいですよ……とのことです。

あとは、最初に描いたところが一番濃くなりやすいので、求心型の顔の人は、眉尻から描くと

いいんですって。

 

あとは、ハイライト・チークの入れ方は、顔の形によって違うことや、

シッカリ眉、ファンデの厚塗りだと、男性から好かれにくいことなどを教えてもらいました。

 

私が受けたセミナーは1時間の簡易的なものでしたが、帝国ホテル内にサロンがあり、そこでは

お顔の写真をとって、黄金比を元にメイクレッスンをしてくれるそうです。

ご自身のメイクに自信がない方にはいいかもしれませんね~ハート

篠田でしたおすましペガサス

BLOG