インフルエンザワクチン入荷しました

今年もやってまいりました、インフルエンザワクチンシーズン注射

 

インフルエンザのワクチンに関しては、是か非か、皆さん思うところはあるかと思いますが、

医療従事者がウイルスをまき散らしてしまうのは困るので、私は研修医時代から、

強制的に打たれてますにやりアセアセ

image

しかし、世の中には『インフルエンザワクチンを打ったことがない』という方もいるので、

たまにビックリしますアセアセ

 

ワクチンを打っても、インフルエンザにかかる事はありますが、

一応以下の理由から、ワクチンをお勧めしています↓↓゛

 

1.感染を拡大させない

自分がかかって、人にうつす可能性があるドクロ

小さなお子さん、高齢の方、受験生などがいるご家庭では、

自分は寝込むくらいでも、命や人生にかかわる事がありますぶー

受験生の方にも是非お勧めして下さい学校

 

2.重症化を防ぐ

インフルエンザが何故怖いかというと、免疫力の低いお年寄りや

小さな子供たちがかかると、重症化しやすいからですドクロ

 

わが国では、65歳以上の高齢者については、ワクチン接種により、

約45%の発病を阻止し、約80%の死亡を阻止する効果があったという報告があります。

小児については、1歳~6歳未満の幼児では発病を阻止する効果は約20~30%で、

かかってしまっても、重症化防止には有効と報告されています。

 

インフルエンザで最も重い合併症がインフルエンザ脳症です。

5歳までの子供が、毎年100~300人くらい発症してます。

死亡率は約30%で、てんかんや知的障害などの後遺症も約25%の子どもに残ります。

発症を予防するにはインフルエンザワクチンの接種が有効と

小児神経学会が報告しています。

 

また、以前はタミフルを内服したせいで、未成年の方が飛び降り、

死亡してしまったとされていた症例もありましたが、

現在はタミフルが悪いのではなく、インフルエンザ感染自体による異常行動ではないか

と言われています。

ですので、大事なお子さんが飛び降りないように、

やっぱりインフルエンザにかかるリスクは減らしたいですねグー

 

当院では、通常のクリニックより細めの30Gの針で打たせて頂きますし、

他の施術の際に申し出て頂ければ、ワクチンが可能です音符(診察料は頂きません)

ワクチンのために内科のクリニックへ行き、風邪をもらってきた・・・なんて事もないですよウインク

篠田でしたおすましペガサス

 

インフルエンザワクチン ¥4000

BLOG