「ブログ」カテゴリーアーカイブ

皮膚常在菌ビューティー

『もやしもん』から始まった、菌の擬人化UMAくん

こちらは米麹から発見された『オリゼー』君

醤油や味噌を作る時に活躍していますクマムシくん

 

最近では『働く細胞』という、赤血球や白血球が擬人化されている漫画もあり、

去年アニメ化され放映されていましたキラキラ

 

主役は赤血球ですが、小さな血小板たちが可愛いハート

血管が破綻してしまった場合、集まって血を止めてくれます音符

 

そして、今回皮膚の常在菌達が擬人化された本が発売されましたウインク

image

 

いい子の表皮ブドウ球菌、日和見菌のアクネ菌、悪玉菌の黄色ブドウ球菌がでてきます★

image

 

彼らはヒト県アタマ市カオ町立ヒフ寮に住んでいます。

表皮ブドウ球菌の『ヒョウ』くんは、汗や皮脂を栄養とし、グリセリンや脂肪酸を作り出し、

大事な土(宿主さんの肌)が潤うように頑張っています。

image

 

対して、アクネ菌のあっくんは酸素が好きでなく、引きこもりがち。皮脂風呂が好きです。

image

このように擬人化してくれると、菌にも親近感が……にやり

いつも私が戦っているアクネ菌もそんなに悪い奴じゃないのかも……と思えてきます。

 

著者の川上愛子さんは、『洗わない美容』を推し勧めているので、本の内容としては、

・洗いすぎない

・運動や入浴で、汗をかくこと

・オイルで保湿

・毛穴を目立たせなくするシリコン入りのファンデや、ファンデのパフを洗わないのはダメ

・睡眠や発酵食品をよくとること

などでしたニコ

 

美容医療では、プラズマやプラズマシャワーでは悪玉菌の黄色ブドウ球菌の数を減らし、

肌荒れしにくい肌を作っていきます。

image

続けていると、肌の常在菌のバランスが変わってくるという発表もありました。

 

皮膚科学会では、『ニキビの方は一日二回ちゃんと洗顔しましょう!!』となっているので、

全部は全部支持はできませんが、皮膚常在菌に親近感を抱ける本でした拍手

待合に置いて置きますので、ご興味のある方はどうぞねー

篠田でしたおすましペガサス