Category Archives: ブログ

まぶたのたるみが気になったら

こんにちは筋師です​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​ウインク

 

​​まぶたの手術については書いたことがなかったものの、
最近希望する方が増えてきたのでブログに載せてみます目

 

バツブルーもともとは二重だけど、まぶたの皮膚が被って線が隠れてきた。
バツブルーまぶたがたるんで邪魔になってきた。
と、こんな風に感じたことはありませんかニコ?

タイトルに書いた眉毛下皮膚切除(びもうかひふせつじょ)はその名の通り、
眉毛の下の皮膚を切除して縫合する術式です上差し

二重のラインは触りませんので自然な仕上がりですキラキラ流れ星

 

この方法は、
丸レッドまぶたの皮膚に厚みがあって腫れぼったい方
丸レッドまぶたの皮膚が余って垂れ下がってきた方
丸レッド元々の二重が残したい
丸レッド20-30歳代でも瞼の腫れぼったさが気になっている方

に向いていると言えます上差し

 

手術の流れは、
1座った状態で範囲をデザイン

2局所麻酔の注射

3皮膚切開してたるんだ皮膚の切除


4仮縫合して、座った状態で左右を確認し仕上げ縫合をします。

この一連の流れでかかる時間はオペ室に入ってから大体1時間ほどみて下さいほっこり
この流れの中で、デザインと縫合にお時間を頂きます星
患者さんに「これからデザインしますね~」と言ったとき、患者さんから、「私に絵を描かれるみたいですね~」と言われたことがあります。確かに、言われる側からするとデザインって何だろ?って感じがしますね(^-^;

 

デメリットを上げると、
バツブルー術後は皮膚が寄ったような不自然な斜めの線が出来やすいこと
バツブルー眉下の傷跡が3か月ほど目立ちやすい事
があげられます。

 

術後は少し腫れがでるものの、腫れ止めのサプリメント“シンエック”で緩和することも出来ます。

詳しくは、こちらのブログへ星

右差し術後の腫れ予防に、シンエック導入しました

 

 

ここからは、手術をされた方の写真をお見せしますニコ

上矢印 こちらの方はまぶた全体のたるみが気にされていましたニコ

術前の写真だと、目線の影響で上まぶたのたるみがやや強調されてしまってますが、

たるみがなくなりすっきりとしたとおっしゃって頂きましたキラキラ

 

上矢印 続きまして、こちらはうちのスタッフニコ

以前に眉毛下皮膚切除をしていて今回で2回目になります

全体的にまぶたの皮膚が重なってきて気になるとのこともやもや

手術直後は麻酔による腫れもあり、斜めの線も入りましたが、

目立たなくなっていますキラキラ

二重のラインもはっきりわかりますし、アートメイクのアイラインも良く見えるようになりましたキラキラ

ご希望の方、まずはカウンセリングでお話しを聞かせて下さいね。

 

最後までお読み頂きましてありがとうございましたルンルン

 

副作用
疼痛、血腫、腫脹、創部感染、左右差、傷跡、見た目の変化、イメージの相違