講習会

「講習会」カテゴリーアーカイブ

美容外科学会@舞浜

昨日は美容外科学会があり、電車で舞浜まで行ってきましたランニング

ディズニーランドは目の前ですが、私は学会なのですグー

 

ディズニーはいつも日帰りなので、ホテルに泊まったことはありませんが、

周りに色々ありますね🎵 その中の一つで、「美容外科学会」が行われていました。

 

フロントのある階は吹き抜けになっていて、開放感がありました。

ピンクが基調となっており、かわいい印象のリゾートホテルニコ

ディズニーに行ってきましたという家族連れも沢山見かけました👀

医学的な事は、年に何回か学会に行っていると、既に知っている事が殆どでしたが、

資生堂で顔の研究をされている高野ルリ子先生の「年を重ねる美ー育まれ深まる美しさ」という

お話しは面白かったです。

業者さんとお話ししていて、途中からになってしまったのですが、ざっとこんな内容でした。

 

・顔の美しさを測る時に、活力性、洗練性、女性性、包容性などのポイントで評価すると、

年代ごとに求められる魅力が異なる。

洗練性(バランスが整っていること)はどの年代でも、必要とされるが、

活力性(健康的で、好奇心があり、フレッシュな感じ)は30代、50代、60代で必要とされる。

また女性性が必要とされるのは、20代、40代であり、60代になると包容性が必要とされる。

・品のよさ、凛とした感じ、信頼感、円熟味は、加齢により深まっていく。

・平均顔(何人かの顔を平均させて作った顔)は脳の持っている顔の鋳型と似ているので、

脳にストレスがかからず、綺麗に見える。しかし、、平均顔に個性がプラスされたほうが、

より綺麗と感じられる。

・笑顔にも色々あり、一番魅力的に映るのは60-80%笑った顔で、一番親しみを持てる顔は、

スッピンで120%笑った顔だった。

・笑顔のスピードも大事で、一気に120%笑うと生き生きした印象を与え、ゆっくり笑うと

優しい印象を与える。

・本当の笑顔と作り笑顔では、目と口の順が逆で、本当の笑顔は目が笑ってから、口が笑う。

作り笑顔は口が笑ってから目が笑う。ほんの0.1秒の差だが、順序が違うと、違和感を感じる。

・頬の色も大事で、モナ・リザの頬を暗くするとムッツリしているように見える。

・同じスマイルマークでも、口元だけでなく、頬に色味やツヤがある方が、元気に見える。

 

ボトックスが効きすぎて、目が動かなくなると違和感があるのは、口と連動していないからで、

作り笑いのような印象を与えてしまうんでしょうね~にやり

 

学会では、10年前に一緒に大学病院で働いていた高間久美子先生に会えました。

今は沖縄の当山形成外科で働いてらして、色々情報交換ができましたウインク音符

「○○いいよ~。私大好き~ハート」そんな情報交換が、実は一番役にたったりするんですよね~ニコ

篠田でしたおすましペガサス