イントラジェン(シワ・たるみ)

イントラジェン(シワ・たるみ)

2013年に新しく登場したイントラジェンは3か月後をピークに約6か月間の効果が期待できます。1度の治療で長期的な効果を期待される方におすすめです。

最新のシワ・たるみ治療GFR

お肌のハリと弾力性に深く関わりのあるコラーゲン。その生成を促すには、繊維芽細胞の働きを高めることが重要です。今からご紹介するGFR(Grid Fractional Radio frequency)は、このお肌に欠かせないコラーゲンに着目した、最新のシワ・たるみ治療法です。

医療現場でも用いられるラジオ波を使用

GFRは、がん治療などにも用いられる「ラジオ波」と呼ばれる電磁波を使った治療法。電磁波を身体に照射して真皮に熱を加えることで、コラーゲンを収縮させ、シワ・たるみなどに改善効果を強力に発揮します。まさにメスを使わないフェイスリフトと言えます。

熱でコラーゲンが収縮し、しわ・たるみが改善

イントラジェン

STEP1 – 即効的なシワ・たるみ改善

真皮にラジオ波を照射すると、熱でコラーゲン繊維が収縮します。そうすることで皮膚が引き締まり、シワ・たるみにキュッと引き締まった即時的な効果が現れます。残念ながらその効果は一時的なもので、1~2週間で少しずつ戻ってしまいます。

イントラジェン

STEP2 – 持続的なシワ・たるみ改善

ヒトの皮膚には自然治癒能力というものが備わっています。熱で収縮したコラーゲンが修復される過程で、繊維芽細胞から新しいコラーゲンが増成され続け、その創傷治癒作用は3ヵ月ほど続きます。治癒の過程で栄養と酸素を供給された繊維芽細胞はより活性化し、コラーゲンの生産能力がアップするため、継続的なシワ・たるみ改善効果が3か月後をピークに少しずつ表れてきます。これがイントラジェン本来のたるみ治療効果なのです。

コラーゲンの生産能力向上による継続的なシワ・たるみ改善

STEP3 – GFR(イントラジェン)の特長

肌への負担が少なく、ダウンタイムがないのが特長。これまでラジオ波を使った治療器は、真皮に熱を加える過程で、表皮に少なからず熱影響を与えていました。GFRは、照射面を格子状にしてエネルギー照射するため、表皮へのダメージを最小限に抑えながら、真皮にしっかり熱を与えることが可能。さらにマルチパルス方式の採用により、大量の熱エネルギーを数回に分けながら皮膚に伝えるため、より少ないダメージで効果的な治療を実現しました。

格子状の照射で表皮ダメージを最小限に

各コース

イントラジェン(GFR)は3コースがございます。

イントラジェン (全顔+顎下) 500ショット

効果を最大限に引き出すために出力を強めで照射します。チクチクと皮膚の奥に少し熱い痛みを感じます。
3~6ヶ月に1回の施術がお勧めです。

イントラソフト (全顔) 300ショット

しっかりと効果が出る範囲で出力とショット数を少し抑えたコース。ところどころ熱く感じる程度なので痛みに弱い方も安心して施術を受けられます。
1~3ヶ月に1回の施術がお勧めです。

イントラウォーム (全顔) スタンダード/ダブル

イントラウォームは施術中、痛みや強い刺激はなく温かい心地よさが続くアンジュールオリジナルメニューです。リフトアップ効果だけでなく、お顔全体の血流がアップし顔色が明るくなる効果も期待できます。痛みや刺激が苦手だけど、リフトアップしたい。年齢とともに現れるたるみの進行を止めたい。そんな方にとてもお勧めのメニューです。
月に1~2回の施術がお勧めです。

イントラアイ (目元)

専用のチップを使用し、気になる目元周りのたるみや小じわ、クマを解消してくれます。全顔コースと併用していただくのがお勧めです。

料金はこちらをご覧下さい。