日別アーカイブ: 2019/8/7

夏休みの宿題

メディアでは、夏休みの宿題代行サービスが話題になっていますが、

お子さんの夏休みの宿題………、皆さんはどうされていますか❔

私は、今日の昼休み、社会科のレポートをやっていました鉛筆

 

上の子が小学校の頃は、毎年毎年、私が読書感想文を書いていましたイヒ

指導して書き直しさせている合間があったら、自分でパソコンで書いた方が楽だからですぶー

簡単な言葉を使って、それっぽい子供の体験談を交ぜて……。

パソコンだと、修正、文章の編集も楽ですし、ダッ~と書いて、原稿用紙設定で

プリントアウトして、あとは「ハイ」と渡して、手書きで丸写ししてもらいます。

一から子供に書いてもらったら、添削しまくって、

お互い嫌な気分になりそうなので、ここ数年、そうやって過ごしてきました。

 

そもそも、読書感想文って書評を書くようなもんで、大人でも結構大変ですよ……ぼけー

文筆業じゃない限りアセアセ

私もこのブログで、読んだ本の感想を書いていますが、実質は本からの引用で、

「面白かった」「お勧めです」くらいでしか、まとめられていませんうずまき

 

夏休みの宿題ににより、学習したことが定着する、計画性がつく、

工作・感想文などいつもと違うことに取り組めるなどの利点もあると言います。

確かに学習の定着は必要かもしれないけれど、計画性のある子供がいるのかしら??

工作や感想文、絵画を子供だけで、やっているお家があるのかしら??

結局、親が手伝い、親の負担になっているような気がしますガーン

自由研究も、子供と協力しあって考える有意義な時間とにできる親御さんにはいいと思いますが、

うちの場合は常にやっつけ仕事ですえーん

 

脳科学者の茂木健一郎さんは、以下のようにツイートしています。

『夏休みの本質は、ぼんやりすること、ほうけることだと思う。ふだんとは違うことをやって、ぼーっとする。そのことが夏休みの価値であって、学期と同じようなことをやるのは、夏休みの趣旨に反している。

夏の間は、みーんみーん、ジリジリとぼんやりしていて、新学期とともに「はっ」とするのが良い。』

『そう考えると、夏休みの宿題というのは実に邪魔なものであって、そんなものは要らないと思うのである。思うに、あれは、子どもが遊んでいると不安だという保護者の気持ちと、学校の事なかれ主義が結託した、中途半端で意味のない悪弊であろう。

夏休みの宿題を全廃することを主張するものである。』

 

東京都小金井市立前原小学校の松田孝校長も、『夏休みだからなにかやらせないと……』、

という考え方はおかしいと言っています。

『むしろ、休みを生かしたいのであれば普段は体験できないようなことをしてほしい。

例えば「夜、保護者の人と山手線に乗って一周してきみたら」などと呼びかけたいです。

そうすれば、東京は外国人の人が身近にいる国際都市だって感じることができるでしょう。
コリアンタウンのある新大久保とか、米空軍の基地である横田基地の周りとか、

外国の人が多い群馬県太田市とかでもいいですよ。

代々木上原には東京ジャーミーというイスラムのモスクがある。

そういうところで異文化を肌で感じるのは絶対に良い経験になる。それは絶対に役に立つ。

いまの子供達は将来、いろいろな国や宗教の人と交わる時代になる。

多様性の時代を生きることになります。国、言葉、文化、宗教が違う人達が日本にはたくさんいる。

せっかくだから、長い休みのどこかで、お家の人と一緒に異文化に触れ合うのは良いと思います。

あとは裁判所での裁判傍聴。これもおすすめです。被告人がいて、裁判官が出てきて、

形に決まった判決文を読む。そういうのを実際に見ることもいいと思います。

税金がこういうところにも使われていると自覚することもできますよ。』

あっ、私、仕事入れすぎで、コリアンタウン行けません笑い泣き

今度休みがある時に、コリアンタウンや裁判の傍聴をしてみたいと思いますグー

 

話は自分の事に戻ります。

今年は、子供が中学生になったので、読書感想文でなく、『創作文』という課題が課されました。

『創作文って何❔聞いたことがないんだけど……アセアセ』と、ネットで検索すると、

ショートショートのような短い小説を書くようです。

えっ、星新一先生みたいな奇抜な発想思い浮かばない……、オチも思い浮かばない…ガーン

う~ん、今年の作文は難しいですもやもや

篠田でしたおすましペガサス