日別アーカイブ: 2019/11/14

クリニックでどうしたいのか?

歯医者さんの問診票で、どこが痛いとか、

これまでの病気をしたことあるか? とか、アレルギーがあるか? などの、

記入欄以外に、患者さんの意識を問う質問をみたことがあります。

そのコーナーでは、「できるだけ治療回数を少なくしてほしい」「痛くないのがいい」

「自費でもいいので、綺麗に治したい」などの質問があるのですが、

そういうの当院の問診票にもあった方がいいと思うんですが、どうでしょうか??

 

というのも、私はカウセリングの時に「赤ちゃんを預けて来ているから、今日しか来れない」とか、

「仕事でマスクができない」とか、とっても重要な情報だと思うんですよ。

だって、それによって、どういう治療をするか全然変わってきますものもぐもぐ

 

あとは、どこを目指すか?

大きなシミがなくなればいいのか? ちょっと、シワが気にならなければいいのか?

マイナス5歳を目指すのか? マイナス10歳を目指すのか?

同窓会や結婚式にむけて綺麗になりたいのか?

好きな人に振り向いてもらうために綺麗になるのか?

それによって、お勧めしていく治療もやはり変わります。

 

あとは、かけられるお金コインたち

月1.2万でやっていきたいという人もいれば、

たまにしか来ないから、やれること全部やりたいという人もいます。

ヒアルロン酸が全顔で、5本は入るよね~という人が来ても、

無理のないように、まずは予算を聞いてできる範囲でやってみましょう……グー

いうスタイルが私は好きです。

初めての美容クリニックにきて、「すごい高かった~えーん」と思われてしまったら、

美容医療から遠のいてしまいます。

ご自身の予算の範囲内で、ちゃんと結果をだせて、綺麗になれる、続けられる、

そこらへんがいいかなぁ~と思ってます。

 

問診票のこと、院長に言っても「ふーん真顔」ってスルーされそうなので、とりあえず書いてみました。

私のカウンセリングに入られる方は、気になる場所(シミやしわ)だけでなく、

どうして綺麗になりたいのか? 予算はいくらくらいで、どんな間隔で通院していきたいのか?

教えてくだされば、一緒に治療方法を考えますウシシ

よろしくお願いしますお願い

篠田でしたおすましペガサス