ブラックピール

「ブラックピール」カテゴリーアーカイブ

ピーリング色々あるけど、どれがいい?

さて、ブラックピールも追加され、ピーリングが計6種類になりましたが、

「一体どれをしたらいいの??」という事について、今日は書いてみます。

 

先日私も、新メニューのブラックピールとマッサージピールを、

半分ずつやってみました☆

 

院長やスタッフが、ブラックピールを塗っていないところがムズムズすると言っていましたが、

ムズムズはほぼわからず。痛みも全然ありませんでした黒猫しっぽ黒猫からだ黒猫あたま

販売元からは、「日本人は白人より短めの施術時間で……」と言われていましたが、

全然痛くないので、放置して、顔半分が黒いまま、ブログを書いたりしていましたぶー

 

元祖アンチエイジングピーリングの、マッサージピールを塗った側の方が痛かったです。

術前、術後の写真を撮りましたが、出来上がりの左右差はなく、

術後の剥け感も左右で、変わりありませんでした。

 

ただ、スタッフには「マットな感じになった」とか「鼻の角栓が少なくなった」という人もいたので、

やはり活性炭による皮脂吸着効果はマッサージピールよりもあると、思っていますバイキンくん

 

また、女性より皮脂の多い男性スタッフが、ブラックピールの刺激感なら許容範囲内で、

施術後、キメも細かくなっていたので、

(周りの人は気づくけど、男性スタッフ本人は自覚していない。男性なんてそんなもんですねもやもや)

「私は綺麗だけど、この人の顔はどうしてったらいいだろう……ショック」とパートナーの顔を見て、

感じる方はどうぞ、ブラックピールをお勧めしてくださいおいで

 

ということで、ブラックピールは脂性肌、マッサージピールがヒリヒリしやすい方、男性

に勧めていきますグー

 

これまで、マッサージピールが問題なくできていた方は、

マッサージピールを続けていくのがよいでしょうキラキラ

 

マッサージピールに飽きたら、次の二つに進むといいでしょう🎵

まじかるクラウンダーマペン+マッサージピール(別名;ベルベットスキン)

2.3日赤みがあります。当日メイクできません。

まじかるクラウンリバースピール(肝斑用ピーリング)

一時的に肝斑が目立つ事もありますが、数回すると肝斑が完治し、内服や外用から解放されると、

先日の講演会で聴きました。

肝斑がない私やスタッフがやっても、マッサージピールより、ピカッとして、違いがわかりましたキラキラ

(随分前にクリニックには入っていたのですが、一時的に肝斑が目立ってしまった人がいたので、患者さん全員には勧められなかったのです。3.4回するといいと聞いたので、めげずにやっていくことをお勧めしたいと思います。)

 

まとめると……

★キメ、たるみ、くすみ、つや➜マッサージピール

★マッサージピールがヒリヒリする、赤みが出やすい➜ミラノリピール、ブラックピール

★肝斑が気になる ➜リバースピール

★にきびが現在できている ➜サリチル酸ピーリング

となります。ご参考にされて下さいニコ

篠田でしたおすましペガサス

 

マッサージピール、ミラノリピール、ブラックピール 各¥15000

リバースピール ¥20000

サリチル酸ピーリング、グリコール酸ピーリング 各¥6000