唇のヒアルロン酸

この前の日曜日、アラガン社の勉強会があり、自由が丘まで行ってきましたランニング

こちら、自由が丘駅から徒歩10分の「自由が丘クリニック」です。

目黒通り沿いで、駐車場もあるので、車で来る方が多いのかもしれませんね車

 

先生が彫刻が好きなのか、色々なオブジェがありましたドクロ

 

今日のテーマは「唇への注入」です。ボルベラを使った、唇への注入法を、

麻布ビューティークリニックの加藤先生が教えて下さいました。

 

一昨日、私の老化した場合の写真でお見せしたように、唇も加齢により変化していきますぶー

 

どうような事が起こるのか、詳しくというと……

・唇の平坦化・ボリュームロス; 口紅の斜めの部分は、唇の幅に合わせて設計されているので、

唇が薄くなってくると、口紅が塗りにくくなるそうです口紅

・キューピッドボウ消失 ;上唇の輪郭は、Mの形になっており、キューピッドの持つ弓に似ているため

キューピッドの弓(Cupid’s bow:キューピッド・ボウ)と呼ばれています。

・口唇縁の不明瞭化

・口角下垂

・人中稜の平坦化 凹凸がなくなり、鼻の下が長く見えがちです。

・口周りの小じわ

といった、全体にしぼんでいくような変化を生じますアセアセ

 

ちなみに、人中稜とキューピッドボウはここです👇

 

しぼんでしまった部分を、補っていくのが唇のヒアルロン酸注入です。

唇理想的なクチビルとは……唇

・上口唇と下口唇の比 1:1 欧米では1:1.618の黄金比が好まれますが、日本人は1:1がよい

・キューピッドボウがはっきりしている

・ハート形の輪郭

・唇の境がはっきりしている

・しっかりと張り出した人中稜

・上口唇は下口唇より1㎜突出 Eラインとのバランスも考慮

 

こちらは、アラガン社が出しているボルベラを使った症例写真です。Beforeの写真の唇も

悪くないな……と思うのですが、入れてみるとやっぱりAfterの写真の方が、魅力的です流れ星

ボルベラは、これまでのヒアルロン酸にくらべ、注入後の膨張率が低く、

1年程度持つヒアルロン酸です。

唇の注入にも、厚生労働省の承認を得ており、安心な製剤です。

 

私も、今度入れてみようかしら……うーん入れたらまた、ご報告しますねむらさき音符

篠田でしたおすましペガサス

BLOG