「ブログ」カテゴリーアーカイブ

糖質を味方にするズルイ食べ方 BEST100

昨日、紀伊国屋で思わず買って、一気読みしてしまった本ねー

{C1AB4031-1DAE-448B-8F7C-A0171E9F8286}

著者の足立さんは、管理栄養士さんで、これまでは『高カロリーなもの、塩分、果物などいけないものを取り上げる、カロリー制限をする引き算食べ』の指導をしてそうですぐすん

 

糖質制限は2年間は効果があるとされていますが、6年後は続けられずリバウンドしてしまうそうです。(確かにライザップの激しい糖質制限をやめたとたんにリバウンドしていた知人がいました(><;))

また、脂肪制限ダイエットにおいては、2年後も6年後も効果がないといわれているそうです。

 

そこで、糖質を敵対視する考えが一般的ですが、本当の敵は食後の血糖値ニヤ

ですから、血糖値を上げないように、糖質に足し算食べしていきましょう!という本です。

まさに、私がこの前やっていたことラブラブと思いワクワクキラキラ

 

ちなみに、日本人の40歳以上5人に1人が食後高血糖(食後血糖値が140mg/dLを上回る)と言われています。

食後高血糖がある人は、心筋梗塞・脳梗塞・アルツハイマー病のリスクも高まりますし、

糖化による肌の老化も進みますアセアセ

ですので、油や食物繊維を足して食べた方が、全体のカロリーが高くなっても、

ビタミンなどもとれ、血糖値が急に上がらず、健康にいいそうですOK

 

さてさて、これからは『なるほど!!』と思ったことを羅列していきますので、

詳しいことを知りたい方は、本を買って下さいね~本ドッキンハート

 

ゆめみる宝石白米とチャーハンならチャーハン

油でコーティングされているし、具材も入っているので血糖値の上昇が穏やか。

油が添加されるので、腹持ちも良くなりますイヒ

おにぎりも、オリーブオイルが添加されていると、血糖値が緩やかに上がります。

(以前流行ったオリーブオイルおにぎりもいいのかもしれませんせんねおにぎり)

 

ゆめみる宝石足し算食べには、キウイフルーツがいいキウイフルーツ

キウイは、GI値が低く、食物繊維が豊富なので糖質がゆっくり吸収されます。

また、カリウムやビタミンも豊富に含まれているので、血糖値対策をしながら、不足しがちな栄養素も補給できます。

(半分に切れば、スプーンで食べれるので楽ちんなのもいいですねラブラブ)

 

ゆめみる宝石足し算食べのコツ1.タンパク質をプラスする

・カップ麺にはゆで卵やチーズをプラスするカップラーメン

・冷凍チャーハンには目玉焼きをプラスする。

・粉末スープはホットミルクで作る。

・春雨スープには鶏のから揚げをプラスする。

・ミネストローネにはチーズ・卵・サラダチキンをプラスし、食べるスープにする。

(どれも簡単で、コンビニ食材でまかなえるところが嬉しいですねほっこり量も増えて、お腹いっぱいになりそうです)

 

ゆめみる宝石足し算食べのコツ2.先に何かを食べる

・コースでサラダ、メインをたべてパスタを食べる。

・パスタを食べる前に、ギリシャヨーグルトを食べる。

ギリシャヨーグルトは普通のヨーグルトよりもタンパク質が多く、卵2個分摂取できる。

・スイーツの前にナッツを食べる。ナッツには良質の油が含まれているので、

スイーツを食べた時の血糖値の急上昇を防ぎ、腹持ちもいい。

・ラーメンにはコーン以外のトッピングを全部のせるラーメン(ホントお腹いっぱいになりますねルンルン)

 

ゆめみる宝石足し算食べのコツ3.食べ応えをプラス

・きんぴらごぼうには肉をプラス。

・焼肉は全てサンチュで巻いて食べる。

カルビよりホルモンの方が、噛み応えもあるのでいい。

・ハンバーグのたねには根菜類をプラス。

・ギリシャヨーグルトにはフルーツをプラス。

・カレーは市販のカレールーでなく、カレー粉で作り、糸寒天でとろみをつける。

スープカレー、インドカレー、タイカレーの方が動物性脂肪も小麦粉も少ないのでお勧め。

 

ゆめみる宝石足し算食べのコツ4.外食の工夫

・アルコールは種類よりも、飲み方が大事。

日本酒3合とビールジョッキ3杯では、血糖の上がり具合に差はなかった。

糖質は日本酒の方が多いが、日本酒はゆっくり飲むので、ビールと変わらなかった。

・餃子とシュウマイなら、餃子の方が油で焼いているのでいい。

・酢豚と青椒肉絲なら、青椒肉絲。酢豚はあんかけが甘いのと、あんかけ自体も片栗粉の糖質なので、血糖が上がりやすい。 中華はお酢をかけて食べるといい。

・親子丼と牛丼なら、親子丼がいい。

卵は血糖値をあげない。ビタミンC以外のほとんどのビタミンが含まれていて良い食材。

・牛丼を食べるときは『つゆ抜き』。

牛皿とライス少な目を注文。生野菜サラダ・生卵を追加注文して、食べるとよい。

・食パンとクロワッサンなら、クロワッサンの方が油が多いので腹持ちがいい。

ただし、触感が柔らかいのでハムやチーズなどを挟んで食べた方がベター。

食パンもそのままでなく、バターやココナツオイルを塗って食べた方がいい。

・焼きそばを食べるなら、野菜やお肉などの具を増やして、お酢をかけて食べる。

・高脂肪アイス(乳固形分15%以上)とラクトアイス(乳固形分3%)なら、高脂肪アイス。

(糖尿病専門医もガリガリ君よりハーゲンダッツの方がいいと言ってましたウシシ)

・飲み屋のサラダは、ドレッシングを別添えにしてもらい、かけ過ぎを防ぐ。

しょっぱいから揚げとドレッシングなしのサラダを食べてもいい。

・揚げ物なら、素揚げ>から揚げ(揚げているときに動物性脂肪がでて、植物性脂肪と入れか わるの で)>フライ>天ぷらの順でお勧め。

・焼き鳥屋さんでは、タレでなく塩少なめで注文。

タレの焼き鳥を食べたい時は、キャベツの盛り合わせ、焼き椎茸、焼き野菜と一緒に食べれ ばOK。砂肝が歯ごたえがあって、お勧め。

・肉じゃがは肉多めで、ジャガイモ少なめ。

砂糖は少な目にして、だしと玉ねぎの甘味で。

市販の肉じゃがを買った時は、それを鍋に入れてさらに、牛肉や鶏肉などの肉をプラスして、あたため直すと、タンパク質メインのおかずになる。

・間食はダイエットの味方。目安は200キロカロリー。ナッツを20gくらいとるのがいい。

・ノンオイルドレッシングやカロリーハーフマヨネーズは、油を抑えるために、水あめなどの糖質が添加されているので、血糖が上がってしまう。

・蕎麦湯は糖液。(ショックですガーン)

蕎麦湯は、麺の小麦粉とそば粉がゆで汁に溶けだした糖液と言ってもいいくらいの飲み物です。そばにはルチンという水溶性成分が含まれていて、血圧上昇効果や血液をサラサラにする効果があると言われていますが、人への有効性は立証されていない。

だーーーっと書いてしまいましたが、蕎麦湯のことや、ギリシャヨーグルトが良いこと、日本酒もゆっくりであれば飲めること、牛丼の『つゆ抜き』というオーダー方法(つゆだくを頼みがちでした…ぼけー)など、お勉強になりましたにやり
アレもだめ!!コレもだめ!!となると、厳しくて続けられませんが、このような抜け道を知って、楽しく食べて、血糖の上昇を抑え、緩やかに、健康に年を取っていけたらいいですねキラキラ
篠田でしたおすましペガサス